ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
都市流動を用いたPOIの表現学習による避難所の類型化と予測
Predicting evacuation hotspots using POI representations generated from urban mobility patterns
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
878
研究代表者
PI
Satish V. Ukkusuri / パデュー大学土木工学科
Satish V. Ukkusuri / Lyles School of Civil Engineering, Purdue University
事務担当者
Secretary
矢部 貴大 / パデュー大学土木工学科
Takahiro Yabe / Lyles School of Civil Engineering, Purdue University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
関本 義秀 / -
Yoshihide SEKIMOTO / -
研究内容
Abstract
災害時の避難所の事前予測は多くの都市にとって喫緊の課題である。災害直後に集められた位置情報を用いて避難所を推定する研究は多く存在するが、これらの箇所を事前に予測する手法は少ない。また、逆強化学習を用いて災害時の行動を再現する研究もあるが、POIレベルでの予測は難しい。一方で近年、文書から単語の意味をベクトル表現に置換する表現学習が研究されており、文書以外のデータでもその有効性が立証されている。これらの研究から着想を得て、本研究では災害前の人々の行動を用いてPOIごとにベクトル表現を生成し、それらを用いて事前に避難所を予測する手法を提案する。より詳細には「POI=単語」「人々の行動=文書」というアナロジーを用いる。得られたPOIの表現ベクトルには建物分類等だけではなく、人々がどのように普段そのPOIを訪れるかという情報も埋め込まれる。予測は、災害が起こると想定される地域内のPOIの中で、過去の災害で避難所となったPOIに近い表現を持つものを抽出することで行う。実験では、ヤフー社の持つGPSデータを用いて熊本県(2016年熊本震災)、大阪府(2018年大阪地震)、広島県と岡山県(2018年西日本豪雨)におけるPOIの表現を学習し、熊本地震の避難所データを用いて大阪での避難所を予測する、というような災害横断的な実験を行う。
研究期間
Research Period
2019-02-15 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

矢部 貴大 パデュー大学土木工学科
Takahiro Yabe Lyles School of Civil Engineering, Purdue University
坪内 孝太 Yahoo Japan 研究所
Kota Tsubouchi Yahoo Japan Corporation
Satish V. Ukkusuri パデュー大学土木工学科
Satish V. Ukkusuri Lyles School of Civil Engineering, Purdue University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 大阪府 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Osaka prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 岡山県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Okayama prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 広島県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Hiroshima prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 熊本県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kumamoto prefecture
国勢調査地図データ 統計地図/背景地図データベース(Shape形式)平成12年・17年 データセット
Statistical Map Database: GIS Data for the 2000 / 2005 Population Census and Background Data (Shapefile Format)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2018 非公開 / private