ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
大地震時の物的被害を考慮した人間行動シミュレーションを用いた津波浸水想定区域における被害推定 と減災対策評価に関する研究
Damage estimation and evaluation of disaster mitigation measures in tsunami inundation hazardous area using human behavior simulation considering property damage in the event of a large earthquake
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
885
研究代表者
PI
小川 芳樹 / 東京大学生産技術研究所
Ogawa Yoshiki / Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
小川 芳樹 / 東京大学生産技術研究所
Ogawa Yoshiki / Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
津波浸水想定区域における避難計画等の場面で,避難シミュレーションは多く活用されている。しかし,被害推定や減災対策評価において,物的被害が津波避難時の円滑性・安全性に及ぼす影響や,地域住民の共助活動(救助・消火活動)の効果は十分に考慮されていない。  本研究では,まず,木造住宅密集地域用に開発した大地震時の物的被害・人間行動シミュレーションモデルを拡張する。具体的には,全国規模で整備されている建物GISデータ(建物構造や建築年次等の推定属性情報付き),携帯電話GPSデータをもとに推定した都市内滞留者・移動者分布データ,および,別途実行した津波浸水シミュレーション結果を入力可能とすることで,大地震時の物的被害(建物倒壊,道路閉塞,火災延焼)や多様な人間行動(避難行動,救助活動,消火活動等),発災日時の違い等を考慮しながら,津波による人的被害を推定可能なシミュレーションモデルを開発する。次に,開発したシミュレーションモデルを用いて,南海トラフ地震時の津波浸水想定区域(高知市等)を例に,多数のシナリオを想定してシミュレーションを実行する。蓄積した膨大なシミュレーション結果は,シナリオ評価や大地震時リアルタイム被害推定手法の構築等に利用する。さらに,津波浸水想定区域における各種減災対策(避難計画の検討や市街地整備等)を,シミュレーションにより定量的に評価する。
Evacuation simulations are often used for disaster mitigation planning in tsunami inundation hazardous areas. However, the influence of property damage (i.e., building-collapse, street-blockage, and fire- spread) on the smoothness and safety in evacuation from tsunami and the effects of mutual-help activities (rescue and firefighting) in local community are not considered enough. In this research, we first extend the simulation model which describes both property damages and human behaviors in ​​densely built-up wooden residential areas. More specifically, we develop a simulation model to estimate human damage caused by tsunami, which can take into account earthquake occurrence time/day, property damage, and various human activities (evacuation, rescue, and firefighting). In the simulation model, the building data (with estimated attribute information such as structure and construction year) covering the whole Japan, the data on spatiotemporal distribution of people based on GPS data from mobile phones, and the results of tsunami inundation simulation are used as input data. Next, using the simulation model, simulations are performed on the assumption of many scenarios in some tsunami inundation hazardous areas (e.g., Kochi city) in the event of the Nankai Trough earthquake. The simulation results are applied to scenario evaluation and development of real- time damage estimation method for large earthquakes. Furthermore, the effects of various measures (such as evacuation planning and urban improvement to reduce the vulnerability to earthquake/tsunami/fire-spread) in tsunami inundation hazardous areas are evaluated quantitatively by simulation.
研究期間
Research Period
2019-04-03 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

小川 芳樹 東京大学生産技術研究所
Ogawa Yoshiki Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
沖 拓弥 東京工業大学 環境・社会理工学院
Takuya Oki School of Environment and Society, Tokyo Institute of Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 高知県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kochi prefecture
座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B82_2018年2月)
Telepoint Pack DB February 2018 (Yellow pages)
平成21年経済センサス・基礎調査地域メッシュ統計 世界測地系 都道府県別 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2009 Economic Census for Business Frame by prefecture (CSV format)
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2017年版
Digital Road Map Database extended version 2017
不動産データライブラリー 戸データ 全国 2013-2017 データセット
Real Estate Database 2013-2017

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.