ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
無電柱化が周辺の家賃に与える影響について ―東京都を事例として―
About the impact of non-utility poles on the rent in the around -As a case of Tokyo-
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
931
研究代表者
PI
森岡拓郎 / 政策研究大学院大学
Morioka Takurou / National Graduate Institute for Policy Studies
事務担当者
Secretary
森岡拓郎 / 政策研究大学院大学
Morioka Takurou / National Graduate Institute for Policy Studies
受入CSIS教員
CSIS reception staff
高橋 孝明 / -
Takaaki TAKAHASHI / -
研究内容
Abstract
 日本では、昭和61年から国の施策として無電柱化を推進しており、平成28年に「無電柱化の推進に関する法律」が施行し、平成29年には「東京都無電柱化推進条例」が施行された。しかし、欧米の主要都市における無電柱化率が90%以上なのに対し、日本は東京23区でわずか8%しかないというのが現状である。 現在、無電柱化事業を行うに当たり、基準となる無電柱化の便益のデータがない。無電柱化を行うことで、街の景観向上等により、周辺地域に地価(家賃)を上昇させる効果があるとされるが、どの程度の便益があるのか。また、無電柱化する場所(都心か郊外、用途地域、観光地等)によって便益の大きさに違いがあるのかを計測したい。 本研究では、東京都の無電柱化データを使い、周辺の家賃を被説明変数としたDID分析を行う。また、交差項によって、無電柱化する場所による便益の大きさの違いを測定する。
Japan has been promoting the elimination of utility poles as a national measure since 1986, and the “Act on Promotion of Non-Utility Poles” was enforced in 2016. The Ordinance on Promotion of Non-Utility Poles” of Tokyo was enforced in 2017. However, the current situation is that Japan has only 8% in Tokyo's 23 wards, compared to 90% or more of non-electric poles in major cities in Europe and the United States. At present, there is no standard data on the benefits of non-electric poles for conducting non-electric pole works. It is said that non-electric poles increase land prices (rents) in the surrounding area by improving the cityscape, etc. and how much benefit is there? In addition, I would like to measure whether there is a difference in the benefits depending on the location where the utility pole is converted (city center or suburbs, use areas, sightseeing spots, etc.). In this study, DID analysis is performed using non-electric pole data in Tokyo and surrounding rent as an explained variable. I also measure the difference in benefits depending on the location where the utility poles will be removed by the cross term.
研究期間
Research Period
2019-11-08 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

森岡拓郎 政策研究大学院大学
Morioka Takurou National Graduate Institute for Policy Studies
奥山 龍太朗 政策研究大学院大学まちづくりプログラム
Ryutaro Okuyama Urban Policy Program,National Graduate Institute For Policy Studies

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tokyo prefecture
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2017年版
Digital Road Map Database extended version 2017

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
学位論文 無電柱化が周辺の家賃・地価に与える影響について ー東京都を事例としてー

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019 非公開 / private