ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
気候変動適応を目的とした空間計画ガイドラインの作成
Making a Spatial Planning Guideline for Climate Change Adaptation
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
937
研究代表者
PI
田中 貴宏 / 広島大学大学院先進理工系科学研究科
Takahiro Tanaka / Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University
事務担当者
Secretary
田中 貴宏 / 広島大学大学院先進理工系科学研究科
Takahiro Tanaka / Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
瀬戸 寿一 / -
Toshikazu SETO / -
研究内容
Abstract
近年、気候変動が深刻化しており、夏季においては熱中症等の健康被害や、エネルギー消費量の増大、集中豪雨による洪水リスクの増加等、様々な悪影響を引き起こしている。特に都心部では都市ヒートアイランド現象も重なり、その影響は顕著である。 都市計画、地域計画においても気候変動への適応は喫緊の課題と言えるが、現状我が国の都市では気候変動の影響を考慮した土地利用、開発行為等に関する具体的な適応指針は示されていない。 そこで、本研究では国内主要都市(横浜、広島)の市街地を対象に、気候変動適応を目的とした空間計画ガイドラインを作成する。この空間計画ガイドラインは街区毎の類型区分を行い、2050年を目途とした各類型の改善メニューを示す。 本研究には気温、風速等の実測調査と数値シミュレーションから得た気候データ、土地利用、建物、インフラ等の物的データ、人口、交通、経済、既存計画等の社会的データの大きく分けて3種類のデータを用いる。日本の都市気候に関する多くの既往研究は上記の気候データと物的データの関係を明らかにするものであった。本研究ではガイドライン作成を目的とするため、社会的データを用いる必要があると考える。
Recently climate change is a serious problem. On summer season, it causes various negative effects such as health problem came from heatstroke, increase of energy consumption, increase of flood risk by heavy rain event and so on. Especially in the urban area these negative effects are apparent. Adaptation for climate change is urgently required in urban planning and regional planning. However, at the current condition a detailed adaptation guideline of land use or development for climate change is not shown in Japanese cities. Then, we aim to make a spatial planning guideline for climate change adaptation in the central area of Yokohama. This guideline categorizes each block depending on the character and shows improvement menus to each category of the blocks prospecting 2050. In this research, we use roughly 3 types of data which are climate data, physical data and social data. Climate data is come from observation of air temperature and wind speed and results of some computational simulations. Physical data includes land use, buildings, infrastructure and so on. Social data includes population, transportation, economy, existing plan and so on. Many previous researches of urban climate in Japan aimed to be clear the relationship between climate data and physical data. But in this research, we aimed to make the guideline, so we should take social data into consideration.
研究期間
Research Period
2019-12-16 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

横山 真 福山市立大学都市経営学部
Makoto Yokoyama Faculty of urban management, Fukuyama City University
松尾 薫 大阪府立大学
Kaoru Matsuo Osaka Prefecture University
田中 貴宏 広島大学大学院先進理工系科学研究科
Takahiro Tanaka Graduate School of Advanced Science and Engineering, Hiroshima University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【承認までお時間を要する可能性】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area
【承認までお時間を要する可能性】【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
平成27年国勢調査地域メッシュ統計その1 世界測地系(CSV形式)データセット
Grid Square Statistics of Population Census (Volume 1) in 2015
平成27年国勢調査地域メッシュ統計その2 世界測地系(CSV形式)データセット
Grid Square Statistics of Population Census (Volume2) in 2015
平成7年国勢調査地域メッシュ統計その1+その2 世界測地系 都道府県別 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 1995 Population Census Volume 1 and 2: Japanese Geodetic Datum 2000 by prefecture (CSV format)
平成26年経済センサス・基礎調査 調査区別地図境域データ (Shape形式) データセット
2014 Economic Census for Business Frame: Boundary data of enumeration districts
平成26年経済センサス・基礎調査 調査区別集計 (TXT形式) データセット
2014 Economic Census for Business Frame: Statistical data by enumeration districts
地価公示・地価調査 データセット (首都圏・近畿) 平成13年度・平成14年度
Land Market Value Publication and Land Price Research FY 2001 and 2002 (National Capital Region and Kinki Region)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019 非公開 / private