ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
高級住宅街の地価形成要因
Factors of land price in high class residential areas
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
940
研究代表者
PI
河端瑞貴 / 慶應義塾大学経済学部
Kawabata Mizuki / Faculty of Economics, Keio University
事務担当者
Secretary
河端瑞貴 / 慶應義塾大学経済学部
Kawabata Mizuki / Faculty of Economics, Keio University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
高橋 孝明 / -
Takaaki TAKAHASHI / -
研究内容
Abstract
我が国には古くから高級住宅街として人々から認識されているエリアが存在する。そうした高級住宅街では、多くの著名人が居を構え、高級住宅街に住むことがステータスとされている。例えば、東京の東京都港区白金に住む住民は「シロガネ―ゼ」と呼ばれ、高級住宅街として認識される白金に住む人々に対し、マスコミを中心に羨望の眼差しが向けられている。こうした高級住宅街は不動産会社が毎年、発表する「住みたいランキング」とは別に、魅力のある街として認識され続けている。高級住宅街には、一般の住宅街には無い魅力があるからこそ、時代を越えた今でもその地位を維持している。本研究では、多くの高級住宅街を抱える東京23区を対象地域とし、ヘドニック・アプローチを用いて、高級住宅街の地価の形成要因を分析する。多くの高級住宅街に共通する特徴として、「景観の良い高台にある」「通勤の便が良い」「古くから地元の名士が住む、歴史がある」「閑静な場所」「治安が良い」などがある。本研究ではこれらの特徴が高級住宅街のブランドイメージ形成にどの程度寄与しているかを分析する。高級住宅街の形成過程にも注目し、街の形成過程の違いによって、地価に与える影響の大きさに違いが生じるのかを明らかにする。
研究期間
Research Period
2019-11-30 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

河端瑞貴 慶應義塾大学経済学部
Kawabata Mizuki Faculty of Economics, Keio University
鈴木拓哉 慶應義塾大学経済学部 河端瑞貴研究会
TAKUYA SUZUKI Keio university faculty of economics Kawabata seminar

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tokyo prefecture
天保14年天保御江戸絵図データ (Shape形式) データセット

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
学位論文 高級住宅街の地価形成要因

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019 非公開 / private