ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
伝統的建造物群保存地区における土地活用の変遷と観光地としての展望
Transition of land utilization and prospects as a tourist destination in the Preservation Districts for Groups of Important Historic Buildings
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
941
研究代表者
PI
後藤 寛 / 横浜市立大学
Yutaka Goto / Yokohama City University
事務担当者
Secretary
後藤 寛 / 横浜市立大学
Yutaka Goto / Yokohama City University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
相 尚寿 / -
Hisatoshi AI / -
研究内容
Abstract
1975年の文化財保護法の改正によって発足した「伝統的建造物群保存地区制度(以下、伝建地区)」は、2019年現在、98市町村118地区にもわたって歴史的町並みを保護してきた。また、制度選定に伴い、建築基準法や旅館業法等で規制緩和が期待でき、歴史的建造物を宿泊施設やカフェ、ギャラリーといった用途に転用することが容易になった。そうしたこともあり、近年、地方都市や郊外において歴史的町並みを地域資源とする観光地化・インバウンドが盛んに取り組まれている。 一方で、地区内では過疎化や高齢化、居住者の転居のほか、空き家や空き地の発生といった問題も生じている。そのため、地域の活性化を主体とした観光まちづくりの推進が必要となってきている。 そこで本研究では、「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区(以下、八幡伝建地区)」を対象とし、地区内における建物や土地の活用方法の変遷と現況、観光実態の調査を通じて、八幡伝建地区の観光地としての課題や今後の展望について明らかにすることを目的とする。
研究期間
Research Period
2019-12-02 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

後藤 寛 横浜市立大学
Yutaka Goto Yokohama City University
鈴木 伸治 横浜市立大学・学術院国際総合科学群
Nobuharu Suzuki College of International Arts and Science, Yokohama City University
尾林 裕斗 横浜市立大学 国際総合科学部
Yuto Obayashi International College of Arts and Scieneces, Yokohama City Univ.

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)滋賀県 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Shiga prefecture
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)滋賀県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Shiga prefecture
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)滋賀県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Shiga prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 滋賀県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Shiga prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 滋賀県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Shiga prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.