ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
都市商業地域におけるごみのポイ捨てを誘発しやすい環境要因についての分析
Analysis of environmental factors that may induce littering in streets in urban commercial areas
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
942
研究代表者
PI
山田 育穂 / 東京大学 空間情報科学研究センター
Yamada Ikuho / Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
西野 翔馬 / 中央大学 理工学部 人間総合理工学科
Shoma Nishino / Department of Integrated Science and Engineering for Sustainable society,department of science and engineering,Chuo University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
相 尚寿 / -
Hisatoshi AI / -
研究内容
Abstract
タバコの吸い殻や空き缶などの路上へのポイ捨ては様々なところで見られる現象であるが、特に多くの人が集まる都市の商業地域においては深刻な問題となっている。本研究では、こうしたごみのポイ捨ては空間的に無作為に発生するものではなく、道路空間の特性によりごみが捨てられやすい場所・捨てられにくい場所があるという仮説を立て、ゴミの捨てられやすさに影響を及ぼす環境要因について分析を行う。 現在までに、ごみの捨てられている状況を把握するため、新宿駅周辺の商業地域において平日・休日それぞれのごみ分布の調査を行った。対象としたのは、最も多くみられるごみであるタバコの吸い殻と、風などにより移動させられることが比較的少なく捨てられた場所が明確な空き缶である。同時に、道路空間の環境要因として舗装状況や幅員、植栽の種類や量、自動販売機の位置、人通りなどについても調査した。これらのデータを用い、ごみの有無・量と道路環境要因との関連性を分析し、ごみの捨てられやすい場所・捨てられにくい場所の空間的な特徴を明らかにすることが本研究の目的である。さらに、商業地域においては立地する店舗の数や種類が利用客の数や属性に影響すると考えられるため、利用を希望するデータを用いて商業施設の集積状況を詳細に把握し、ごみの分布と商業施設との関連性を検証したいと考えている。
研究期間
Research Period
2019-12-02 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

西野 翔馬 中央大学 理工学部 人間総合理工学科
Shoma Nishino Department of Integrated Science and Engineering for Sustainable society,department of science and engineering,Chuo University
関口 達也 金沢大学 理工研究域 地球社会基盤学系
Sekiguchi Tatsuya Faculty of Geosciences and civil Engineering,Institute of Science and Engineering,Kanazawa University
山田 育穂 東京大学 空間情報科学研究センター
Yamada Ikuho Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B92_2019年2月)
Telepoint Pack DB February 2019 (Yellow pages)
大型小売店ポイントデータ2014年版 (全国データ) データセット

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
学位論文 都心商業地域におけるゴミのポイ捨てを誘発しやすい環境要因についての分析

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019