ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
津波被害想定エリアにおける避難行動を意識した居住特性について
Living characteristic leading to evacuation behavior of residents in Tsunami damaged assumed area
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
944
研究代表者
PI
森岡拓郎 / 政策研究大学院大学
Morioka Takurou / National Graduate Institute for Policy Studies
事務担当者
Secretary
森岡拓郎 / 政策研究大学院大学
Morioka Takurou / National Graduate Institute for Policy Studies
受入CSIS教員
CSIS reception staff
高橋 孝明 / -
Takaaki TAKAHASHI / -
研究内容
Abstract
東日本大震災で津波による被害を受けた地域は、再び大きな津波による同じような被害を受けないために大規模な防災集団移転や土地のかさ上げによる津波対策事業を行っている。しかし、南海トラフ地震等で津波被害が想定されるエリアでは、先述のような津波対策事業は行われていない。そのようなエリアでは、高台や津波避難施設への避難前提で生活する必要がある。そのため、人々が津波が発生した際の避難行動を意識しながら居住地を決定することができているか研究する。具体的には、津波被害想定エリアでは人口や地価が減少する傾向があるか、併せて同エリア内であっても津波避難施設周辺においては、人口や地価が上昇する傾向があるか、を検証する。同様に津波避難施設周辺において、災害弱者とされる高齢者や未就学児の割合が増加していないかも検証する。
The area that was damaged by the tsunami caused by the Great East Japan Earthquake is conducting tsunami countermeasures projects by relocating large-scale disaster prevention groups and raising land in order not to suffer similar damage from the massive tsunami again. However, tsunami countermeasures projects such as those described above have not been carried out in areas where tsunami damage is expected by the Nankai Trough earthquake, etc. In such areas, it is necessary to live on the premise of evacuation to high ground and tsunami evacuation facilities. Therefore, I will study whether people can determine the place of residence while being aware of the evacuation behavior in the event of a tsunami. Specifically, I will verify whether the population and land prices tend to decrease in the tsunami damage assumed area, and whether the population and land prices tend to rise in the vicinity of tsunami evacuation facilities, even within the same area. Similarly, in the vicinity of the tsunami evacuation facility, I will also verify whether the proportion of elderly people and preschoolers considered to be vulnerable to disasters has increased.
研究期間
Research Period
2019-12-09 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

森岡拓郎 政策研究大学院大学
Morioka Takurou National Graduate Institute for Policy Studies

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kanagawa prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 静岡県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Shizuoka prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 愛知県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Aichi prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 大阪府 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Osaka prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 徳島県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tokushima prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 高知県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kochi prefecture
国勢調査メッシュ (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of Population Censuses (CSV format)
国勢調査 第1~3次基本集計(全国編)データセット
Population Census: Results by Whole Japan of the First, Second and Third Basic Complete Tabulation
平成22年国勢調査地域メッシュ統計その1 世界測地系 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2010 Population Census Volume 1
平成27年国勢調査地域メッシュ統計その1 世界測地系(CSV形式)データセット
Grid Square Statistics of Population Census (Volume 1) in 2015
平成22年国勢調査 人口等基本集計 (CSV形式) データセット
2010 Population Census: Basic Complete Tabulation on Population and Households (CSV format)
第3次メッシュshape (全国) データセット
The third order mesh shape (National)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019 非公開 / private