ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
避難のための脆弱性評価方法の検討
Examination of vulnerability assessment method for evacuation
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
965
研究代表者
PI
三谷 泰浩 / 九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター
Yasuhiro Mitani / Disaster Risk Reduction Research Center, Graduate School of Engineering, Kyushu University
事務担当者
Secretary
三谷 泰浩 / 九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター
Yasuhiro Mitani / Disaster Risk Reduction Research Center, Graduate School of Engineering, Kyushu University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
近年,豪雨災害が頻発し,多くの人的被害が発生している。豪雨によって引き起こされる洪水氾濫や土砂災害は進行性の災害であり,被害発生までの猶予時間(リードタイム)を有する。この猶予時間の中で適切な避難行動を取れれば人命を守り被害を抑制できることから,避難勧告・指示等の発令にあたっては避難のリードタイムを考慮したリスクの検討が重要となる。リスクとは,災害によるハザードとそれを受ける住民や住宅などの個別の特性に依存するため,それらを同時に評価することが重要となる。しかしながら,避難に必要なリードタイムは個人や世帯によって異なることから,それぞれの属性を適切に評価する必要があり,現状では,これらの脆弱性の評価が適切に行われていない。そのため,自然災害によるリスクを評価するため,地域の世帯毎の人員および年齢分布や避難経路等を広域かつ高い空間分解能で取得し,その脆弱性を把握するために,本研究では,国勢調査(センサス)に基づく各種統計情報やZmapの住宅地図に基づく家屋情報等の既存の空間情報資産から自然災害リスクの予測に必要となる地域の脆弱性を広域かつ高空間分解能で評価する手法を検討する。
In recent years, heavy rain disasters have occurred frequently, causing many human casualties. Floods and landslides disasters are caused by torrential rain are progressive disasters, and have a grace period (lead time) before damage occurs. If appropriate evacuation actions can be taken during this grace period, human lives can be protected and damages can be suppressed. Therefore, when issuing evacuation recommendations and instructions, it is important to consider risks taking into account the evacuation lead time. The risk depends on the hazards caused by the disaster and the individual characteristics of the inhabitants and houses receiving the hazard, so it is important to evaluate them at the same time. However, since the lead time required for evacuation varies depending on individuals and households, it is necessary to appropriately evaluate each attribute, and at present, these vulnerabilities are not properly evaluated. Therefore, in order to assess the risks of natural disasters, to obtain personnel and age distribution and evacuation routes for each household in a wide area with high spatial resolution, and to understand the vulnerability, this study uses a national census and a method to evaluate regional vulnerability required for natural disaster risk prediction from a wide area and high spatial resolution from existing spatial information assets such as various statistical information based on census and house information based on housing map (Zmap).
研究期間
Research Period
2020-03-24 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

三谷 泰浩 九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター
Yasuhiro Mitani Disaster Risk Reduction Research Center, Graduate School of Engineering, Kyushu University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

拡張版全国デジタル道路地図データベース 2015年版
Digital Road Map Database extended version 2015
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2020年版
Digital Road Map Database extended version 2020

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2020 非公開 / private