ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
空き家を賃貸活用した場合の設定賃料および市場滞留期間の分析
Analysis of rent and market residence period when vacant house is utilised
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
995
研究代表者
PI
浅見泰司 / 東京大学大学院工学系研究科
Asami Yasushi / Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
大垣 凜太郎 / 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Ohgaki Rintaro / Department of Urban Engineering,The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
 本研究は、空き家を賃貸活用した場合の設定賃料および市場滞留期間の実態を明らかにすることを目的とする。具体的には、一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)から提供を受けた建物ごとの実際の市場滞留期間を目的変数、家賃等の物件情報や最寄駅距離等の立地情報を説明変数として重回帰分析を行い、空き家を賃貸活用した場合の市場滞留期間がいかなる要因に規定されるのかを解明する。  本研究により、我が国の空き家の利活用の支援につながることが期待される。具体的には、我が国では空き家が年々増加しているところ、当該空き家の利活用の一形態として賃貸活用を促進する動きがある。賃貸活用にあたっては、建物所有者に賃借人が決定することについての一定の期待が存する必要があるところ、設定賃料及び市場滞留期間の要因が明らかになることで、賃貸活用が可能な空き家か否かを区別することが容易になる。
The purpose of this study is to clarify the actual condition of rent and market residence period when vacant house is utilised. Specifically, multiple regression analysis will be performed using the data provided by JTI. The actual market residence period is set in the objective variable, and property information such as rent and location information such as the distance to the nearest station are set in the explanatory variables. This analysis will clarify what factors determine the market residence period when vacant houses are utilized. It is expected that this research will lead to support for the utilization of vacant houses in Japan. Specifically, as the number of vacant houses is increasing year by year in Japan, there is a movement to promote rental utilization as a form of utilization of the vacant houses. For rental utilization, it is necessary for the building owner to have certain expectation about the decision of the lessee. By clarifying the factors of the market residence period, it will be easier to distinguish whether or not the house is vacant and can be used for rent.
研究期間
Research Period
2020-10-05 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

大垣 凜太郎 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Ohgaki Rintaro Department of Urban Engineering,The University of Tokyo
浅見泰司 東京大学大学院工学系研究科
Asami Yasushi Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
樋野 公宏 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Kimihiro Hino Department of Urban Engineering, School of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A42_2014年2月)
Telepoint Pack DB February 2014
不動産データライブラリー 戸データ 全国 2013-2017 データセット
Real Estate Database 2013-2017

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.