ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
横浜市における傾斜を考慮した近隣環境と身体活動の関係
Relationship between Neighborhood Environment considering Slope and Physical Activity in Yokohama City
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
996
研究代表者
PI
森本 健弘 / 筑波大学生命環境系
Takehiro Morimoto / Faculty of Life and Geoenvironmental Sciences, University of Tsukuba
事務担当者
Secretary
森本 健弘 / 筑波大学生命環境系
Takehiro Morimoto / Faculty of Life and Geoenvironmental Sciences, University of Tsukuba
受入CSIS教員
CSIS reception staff
山田 育穂 / -
Ikuho YAMADA / -
研究内容
Abstract
高齢化が進行する日本においては、健康寿命の延伸により人々の生活の質の低下を防ぐことが重要である。健康的な生活を送るためには日々の適度な身体活動が欠かせず、基本的な身体活動としては徒歩移動が挙げられる。そのため、健康づくりに特化しない目的での徒歩移動を誘発するまちづくりが必要であると指摘されており、近隣環境と身体活動との関係が重要となっている。また、日本の国土は狭く山がちであり、斜面地にまで市街地が形成されていることから、近年では傾斜と身体活動との関係が注目されている。しかし、傾斜と身体活動との関係を扱った研究では、多数の地区間の比較を行っているものが少ない。本研究では居住地の比較をつうじて、近隣環境としての傾斜ならびに生活環境と身体活動の関係を明らかにすることを目的とする。広く斜面市街地が分布する横浜市を対象地域として、それぞれの地区における傾斜の影響度、アクセシビリティから見た生活環境、移動による身体活動量を算出し、それらについて統計的な分析を行うことで関係性を明らかにする。移動による身体活動量の算出において、実態に近い人の移動データとしてパーソントリップ調査にもとづく人の流れデータを利用し、移動に係る運動強度を考慮した手法を用いる。
研究期間
Research Period
2020-10-27 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

森本 健弘 筑波大学生命環境系
Takehiro Morimoto Faculty of Life and Geoenvironmental Sciences, University of Tsukuba
平根 由也 筑波大学生命環境科学研究科地球科学専攻
Hirane Yuya Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【承認までお時間を要する可能性】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.