ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
点群の鮮鋭化処理に関する予備実験
Preliminary experiment on point cloud enhancement based on 3D haar-like filtering
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1022
研究代表者
PI
中川 雅史 / 芝浦工業大学
Masafumi Nakagawa / Shibaura Institute of Technology
事務担当者
Secretary
中川 雅史 / 芝浦工業大学
Masafumi Nakagawa / Shibaura Institute of Technology
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
安価なカメラやLiDARを搭載した3D計測システムは,可搬性が高いものが多く,構造物や屋内空間の計測に利用しやすい.日常的な計測によって高頻度に得られた点群を蓄積できれば,構造物の維持管理を事後保全から予防保全へシフトさせることがより容易となる.しかしながら,安価なカメラやLiDARで計測した点群は,ばらつきが顕著であり,目視判読による詳細な現況把握や,点群を入力データとした3Dモデリングや差分処理の適用が容易ではないという課題がある.そのため,低価格なレーザースキャナや可搬型レーザースキャナによって取得された点群データを鮮鋭化する処理を提案している.本研究では,洞窟を対象にレーザースキャニング計測した点群を用いて,提案手法の評価に関する実験をする.
3D measurement systems equipped with cameras and LiDAR are easy to use for measurement of infrastructure and indoor environments, because of high portability. When we can obtain point clouds frequently obtained by daily measurements, accumulated point clouds can shift infrastructure maintenance from post-maintenance to preventive-maintenance. However, point clouds acquired with mobile 3D measurement systems have many noises and errors. Thus, it is not easy to use point clouds for visual interpretation, 3D modeling, and change detection. Therefore, we have proposed a methodology to enhance point clouds acquired with low-cost and mobile laser scanner for building information modeling. In this research, we conduct a preliminary experiment to evaluate our proposed methodology with terrestrial laser scanning data acquired at caves as samples.
研究期間
Research Period
2020-11-26 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

中川 雅史 芝浦工業大学
Masafumi Nakagawa Shibaura Institute of Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

竜ヶ岩洞TLSデータセット
Ryugashi Cave TLS dataset
油壷坑道TLS/SfMデータセット
Aburatsubo tunnel TLS/SfM dataset

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2020