ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
福島および栃木における気象データと農業人口推移の可視化
Visualization of climate data and agricultural population transition in Fukushima and Tochigi
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1015
研究代表者
PI
中川 雅史 / 芝浦工業大学
Masafumi Nakagawa / Shibaura Institute of Technology
事務担当者
Secretary
中川 雅史 / 芝浦工業大学
Masafumi Nakagawa / Shibaura Institute of Technology
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
近年,農場においてスマート農業が導入する取り組みが増えている.スマート農業とは,ロボット技術やICT等の先端技術を活用し,超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業である.日本の農業は,農家の高齢化が進み,深刻な労働力不足に陥っている.この社会課題を,ICTを活用して支援していくことがスマート農業の目的のひとつである.スマート農業は大規模農場への適用可能性は高い.一方で,小規模農場への適用は,コストの面で課題が多い.スマート農業を地域実装するにあたっては,小規模農場への適用における課題を解決する必要がある.そのため,本研究では,小規模農場へのスマート農業の適用可能性を探る研究の一部として,実験地である福島市および大田原市の気象データと農業人口推移を時系列可視化する.さらに,本研究で得られた成果は,大豆の連作障害や二条大麦の湿害に関し,播種方法や播種時期,圃場環境などに着目する研究の基礎データとして利用する.
Recently, case studies and projects on smart agriculture are increasing. Smart agriculture is a new agriculture style to enable labor-saving and high-quality production by utilizing cutting-edge technologies such as robot technology, IoT, AI, and Geoinformatics. Japanese agriculture is facing a serious labor shortage due to the aging of farmers. One of the purposes of smart agriculture is to support social issues in Japanese agriculture with ICT. Smart agriculture has high applicability to large farms. On the other hand, small farms have many issues in terms of the installation cost of smart agriculture. Therefore, in this study, as a part of the study to explore the applicability of smart agriculture suitable for small farms, we visualize meteorological data and agricultural population transitions in Fukushima City and Otawara City selected as the experimental sites. Furthermore, the results obtained in this study will be used as fundamental data for studies focusing on sowing methods, sowing times, and field environments related to continuous cropping disorders of soybeans and moisture damage of Nijo barley.
研究期間
Research Period
2020-11-26 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

中川 雅史 芝浦工業大学
Masafumi Nakagawa Shibaura Institute of Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

国勢調査 特別集計結果 産業・職業分類別集計 データセット
Population Census: Results of Special Tabulation by Industrial and Occupational Classification
就業構造基本調査 データセット
Employment sturcture basic suvey
平成14年就業構造基本調査 (TXT形式) データセット
平成19年就業構造基本調査 全国編・地域編 (TXT形式) データセット
社会・人口統計体系 (TXT形式) 市区町村基礎データ(1980年~2014年) データセット
System of Social and Demographic Statistics of Japan by municipalities (1980-2014)
社会・人口統計体系 (TXT形式) 都道府県基礎データ(1975年~2014年) データセット
System of Social and Demographic Statistics of Japan by prefectures (1975-2014)
労働力調査 基本集計 平成22年上半期・下半期(再集計)結果 (XLS形式) データセット
Labour Force Survey: Half-year Results of Basic Tabulation 2010 (XLS format)
平年値 (1971-2000年平均) データセット
average annual value (1971-2000)
1kmメッシュ気候値 (1971-2000年平均) データセット
地上気象観測時日別データ データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2020