ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
最終氷期における狩猟採集民への自然環境による影響に関する分析―生態ニッチモデリングとエージェントベースモデルの活用―
Analysis of human-environment interactions in the last glacial period using ecological niche model and agent-based model
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1032
研究代表者
PI
小口 高 / 東京大学空間情報科学研究センター
Oguchi Takashi / -
事務担当者
Secretary
坂入 祐地 / 東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻
Yuji Sakairi / Department of Earth and Planetary Science, School of Science, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
小口 高 / -
Takashi OGUCHI / -
研究内容
Abstract
最終氷期後期における様々な環境変化に対する人類の適応過程について、定量的な手法で行われた研究は未だ数が限られている。本研究では、静態的な予測をする生態ニッチモデリングと動態をシミュレートするエージェントベースモデルを組み合わせることで、最終氷期における自然環境と人間活動の関係について詳細に考察することを目的とする。そのためには、モデルへの入力データとして当時の自然環境を復元する必要があるが、気候モデルによる古気候データの空間解像度には限界がある。そこで、JoRASの提供する「1 kmメッシュ気候値(1971-2000年平均)データセット」による現代の高解像度の気候データを用いてダウンスケーリングを行い、古気候データを作成する。これに古地形データを加えて古環境データとし、モデルを実行することで、人類への自然環境による影響を分析する。
研究期間
Research Period
2020-12-05 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

坂入 祐地 東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻
Yuji Sakairi Department of Earth and Planetary Science, School of Science, The University of Tokyo
小口 高 東京大学空間情報科学研究センター
Oguchi Takashi

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

1kmメッシュ気候値 (1971-2000年平均) データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2020