ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
共通モビリティネットワークのデザインに関する研究
A Study on Common Mobility Network Design
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1065
研究代表者
PI
柴崎亮介 / 東京大学空間情報科学研究センター
Shibasaki Ryousuke / -
事務担当者
Secretary
柴崎亮介 / 東京大学空間情報科学研究センター
Shibasaki Ryousuke / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
日下部 貴彦 / -
Takahiko KUSAKABE / -
研究内容
Abstract
MaaSの重要性が注目を集めている。しかしながら交通ネットワークデータは伝統的に、交通モード毎(すなわち道路、鉄道、バス、歩行者など)に作成されてきた。道路ネットワークはナビゲーションサービスなどにもよく利用されることからデータの整備が進んでいる。しかし、鉄道は一般に広く利用できるネットワークデータは無く、企業が内部利用のために作成したものしかない。歩行者ネットワークも同様である。オープンな交通ネットワークとしてはオープンストリートマップ(OSM)があるが、これは接続性などの検証が十分でなく、ネットワーク解析などにはそのままでは使えない。そこで、本研究では、MaaSなどに必要される統合的なモビリティ解析(最短経路探索などのネットワーク解析)に利用できるモビリティネットワークをデザインする。そのモビリティネットワークは、さまざまな解析に共通に利用できること、さらにネットワークデータを経由してさまざまなデータを関連付けることができること(すなわち、GIS解析における基図に対応するネットワークデータとして利用できること)を目指す。
The importance of MaaS is gaining attention. However, transportation network data has traditionally been created for each transportation mode (i.e. road, rail, bus, pedestrian, etc.). Road networks are often used for navigation services, etc., and therefore, the data has been well developed. However, there is no widely available network data for railroads, and the only data available are those created by companies for internal use. The same is true for pedestrian networks. Open Street Map (OSM) is an open transportation network, but its connectivity has not been sufficiently verified, and it cannot be used for network analysis. Therefore, in this research, we design a mobility network that can be used for integrated mobility analysis (network analysis such as shortest path search), which is required for MaaS. The mobility network should be able to be used commonly for various analyses, and also be able to relate various data via the network data (i.e., it should be able to be used as network data corresponding to the base map in GIS analysis).
研究期間
Research Period
2021-01-01 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

柴崎亮介 東京大学空間情報科学研究センター
Shibasaki Ryousuke
范子沛 東京大学 社会基盤
fan zipei Civil Engineering, The University of Tokyo
宋軒 東京大学空間情報科学研究センター
Xuan Song Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
姜 仁河 東京大学 情報基盤センター
Renhe Jiang Information Technology Center, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

拡張版全国デジタル道路地図データベース 2020年版
Digital Road Map Database extended version 2020

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.