ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
地震と津波の重畳を踏まえた津波時の人命安全に関する確率論的手法の開発
Probabilistic Method of Tsunami Safety Considering Simultaneous Occurrence of Earthquake and Tsunami
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1080
研究代表者
PI
糸井 達哉 / 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
Tatsuya Itoi / Department of Architecture, School of Engineering, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
糸井 達哉 / 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
Tatsuya Itoi / Department of Architecture, School of Engineering, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
本間 健太郎 / -
Kentaro HONMA / -
研究内容
Abstract
津波発生時の避難も含めた津波到達時の対応においては、津波からの避難時間が十分でない場合もしくは子供や高齢者も含めた避難における弱者がいる場合など様々な要素を考慮する必要がある。地方自治体においては津波に対する被害想定や対応の検討が行われている。本研究では、神奈川県沿岸地域をケーススタディしながら、津波避難も含めた津波時の人命安全等に関する確率論的手法を提案する。南海トラフ地震や今後発生しうる相模トラフの地震においては、津波による被害に加えて、地震の揺れの揺れによる被害との重畳とその影響を考慮する必要があり、提案する評価手法では、そのような影響が考慮できる形とする。提案手法は、自治体の津波避難計画などに活用されることなどを視野に入れる。
研究期間
Research Period
2021-01-31 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

糸井 達哉 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
Tatsuya Itoi Department of Architecture, School of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II (2020年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2020 Shapefile Kanagawa prefecture

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 地理情報システムを用いた津波時屋内避難可能建物の空間分布に関する基礎的検討

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2020 非公開 / private