ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
人口統計データを使った様々な交通手段の移動需要予測と再配置最適化
Intermodal Transportation Demand Prediction and Rebalancing Optimization by using Population Statistics data
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1091
研究代表者
PI
関本義秀 / 東京大学空間情報科学研究センター
Sekimoto Yoshihide / -
事務担当者
Secretary
石黒 慎 / 東京大学 工学系研究科 先端学際工学専攻
Shin Ishiguro / The University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology
受入CSIS教員
CSIS reception staff
関本 義秀 / -
Yoshihide SEKIMOTO / -
研究内容
Abstract
近年、人々の交通に対する要求は多様化し、鉄道などの従来型の交通手段だけではなく、オンデマンド交通やシェアリング交通などの新たな交通手段の活用が増加している。これらの交通手段では、鉄道交通などのように決められた区間の移動を提供するだけではなく、短い距離を自由な経路で移動できるため、都市空間をより便利に利用できるようになった。このような新たな交通手段を最大限活用するためには、事前に移動需要を予測し適切な量の移動手段を供給する必要があり、その実現のために交通配車や再配置が行われる。 しかしながら、これまで配車・再配置は人のノウハウによって計画されることが多く、必ずしも最適ではない場合が多い。本研究では、モバイルネットワークの仕組みを利用することで、リアルタイムの人の移動需要を示す人口統計データを作成し、交通手段別需要予測を行う。また、推定された需要に基づき、交通リソースの利用効率を最大化するための交通再配置アルゴリズム/システム設計を行う。
In recent years, people's demands for transportation have diversified, and the use of new transportation means such as on-demand transportation and sharing transportation is increasing in addition to conventional transportation means such as railways. These means of transportation not only provide movement in a fixed section such as railroad transportation, but also allow short distances to be traveled by free routes, which makes it possible to use urban space more conveniently. In order to make the best use of such new means of transportation, it is necessary to predict the demand for transportation in advance and supply an appropriate amount of means of transportation, and in order to realize this, transportation and relocation are performed. However, until now, vehicle allocation and relocation have often been planned based on human know-how, and are often not always optimal. In this research, by using the mechanism of mobile network, we will create demographic data showing real-time movement demand of people and forecast demand by means of transportation. In addition, based on the estimated demand, we will design a traffic relocation algorithm / system to maximize the utilization efficiency of traffic resources.
研究期間
Research Period
2021-04-10 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

石黒 慎 東京大学 工学系研究科 先端学際工学専攻
Shin Ishiguro The University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【承認までお時間を要する可能性】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.