ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
都市部同業者集積空間の文化的景観に関する研究 -東京都中央区日本橋横山町・馬喰町の問屋街地区に着目して-
Study on the cultural landscape of the urban space with the agglomeration of same traders: Case study in wholesale district of Nihombashi Yokoyamacho and Bakurocho, Chuo City, Tokyo
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1092
研究代表者
PI
柏原 沙織 / 東京大学 新領域創成科学研究科
Saori Kashihara / Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
柏原 沙織 / 東京大学 新領域創成科学研究科
Saori Kashihara / Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
相 尚寿 / -
Hisatoshi AI / -
研究内容
Abstract
本研究は、都市部の生業と結びついた同業者集積空間の中でも、特に問屋街に見られる文化的景観に関する評価手法の方向性を示すことを目的に、取引関係に基づく問屋街の産業空間構造と、問屋業に必要な機能面から見た都市・建築空間の空間利用の実態を明らかにし、景観特性を記述・抽出する。事例として日本橋横山町・馬喰町の線維問屋街を取り上げ、①地区・街路スケール、②建築スケールでの同業者集積の実態を踏まえ、空間及び産業(生業)の視点で調査を行う。 ①地区・街路スケールでは、対象地区における問屋業の産業空間構造の動的な変遷を可視化する。テレポイントデータ等をもとに、事業所立地や業種史料から経年的な業種分布をGISを用いてプロットし、地区内の産業空間構造の動的な変遷を可視化する。更に道路幅や敷地形状・敷地面積等も分類の上、業種の空間分布と重ね合わせることで、都市基盤の諸条件が問屋街の産業空間構造に与える影響を分析する。 ②建築スケールでは、問屋業特有の空間利用の実態と、問屋街の建築空間特性との関係を把握する。地図資料及び現地調査から店舗面積・建物高さ・建物内用途等の問屋街の建築空間特性を抽出する。次に登記簿を用いて土地建物の権利関係を把握するとともに、事業者へヒアリングを行い、流通・ストック・顧客対応等の問屋業特有の産業的利用や不動産所有に応じて生成した建築空間特性を抽出する。
研究期間
Research Period
2021-04-14 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

柏原 沙織 東京大学 新領域創成科学研究科
Saori Kashihara Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
浜田 愛 高知工科大学 システム工学群
Megumi Hamada School of Systems Engineering, Kochi University of Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B08_2020年8月)
Telepoint Pack DB August 2020 (Yellow pages)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.