ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
プライマリケアへのアクセスとambulatory care sensitive conditionによる入院との関連の検討
Spatial access to primary healthcare and hospitalizations for ambulatory care sensitive conditions
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1102
研究代表者
PI
冨尾 淳 / 東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野
Jun Tomio / Department of Public Health, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
冨尾 淳 / 東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野
Jun Tomio / Department of Public Health, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
山田 育穂 / -
Ikuho YAMADA / -
研究内容
Abstract
Ambulatory Care Sensitive Condition(ACSC)とは、外来における効果的な介入により入院加療を回避できる状態のことであり、ACSCによる入院は地域医療へのアクセスの指標として広く利用されている。皆保険でフリーアクセスが認められている日本においては、医療機関へのアクセスは諸外国と比較してよいと思われるが、医療提供体制は地域間で格差がある。本研究では、プライマリケアへのspatial accessとACSC入院との関連につき明らかにすることを目的とする。首都圏近郊の一都市の国民健康保険(国保)レセプトデータを用い、2013年4月1日〜2014年3月31日に連続して国保に加入している50-74歳を対象として、2013年4月1日〜2015年3月31日までのACSC入院を抽出する。性、年齢、併存疾患、世帯所得、中学校区レベルの人口あたりのクリニック数、居住地郵便番号地区から最寄りのクリニックまでの距離、居住地郵便番号地区から半径1km圏内のクリニック数を説明変数とし、ACSC入院数を被説明変数として、中学校区レベルのrandom interceptを含めたmultilevel Poisson regression modelで解析を行う。
研究期間
Research Period
2021-07-01 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

冨尾 淳 東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野
Jun Tomio Department of Public Health, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
射場 在紗 東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学
Arisa Iba Department of Public Health, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

拡張版全国デジタル道路地図データベース 2015年版
Digital Road Map Database extended version 2015
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2016年版
Digital Road Map Database extended version 2016

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.