ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
多摩ニュータウン地域における高齢者の買い物環境および買い物支援サービスの利用意思に関する分析
Analysis of shopping environments and the intention to use shopping support services of the elderly in Tama New Town area.
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1128
研究代表者
PI
山田 育穂 / 東京大学 空間情報科学研究センター
Ikuho Yamada / Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
費 子哲 / 東京大学大学院 新領域創生科学研究科 社会文化環境学専攻 山田研究室
Fei Zizhe / Yamada Lab, Department of Socio-Cultural Environmental Studies, Graduate School Frontier Sciences, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
関本 義秀 / -
Yoshihide SEKIMOTO / -
研究内容
Abstract
近年、高齢化の進行や商店街の消失により、日々の生鮮食料品を確保することが難しい高齢者の増加が社会問題となっている。こうした問題を抱える地域は「フードデザート」と呼ばれ、その解決のために、移動販売、宅配サービスなどの買い物支援サービスが行われている。しかし、そうしたサービスは持続性・採算性の低さが問題であり、支援サービス自体が存続できなくなる場合も少なくない。そのため、地域住民の買い物行動や買い物支援サービスの利用意思を把握し、適切なサービスを提供することが非常に重要となる。  本研究では、高齢者の買い物困難が問題となりつつある多摩市を対象地域として、50歳以上の住民を対象に買い物行動、買い物支援サービスの現在の利用状況と将来の利用意思、食生活習慣、社会的繋がりなどについてアンケート調査を行う。そして、買い物環境やその他の施設の立地状況などをJorasの「大型小売店ポイントデータ」や「座標付き電話帳DBテレポイント法人版2020」を用いて定量的に把握する。また、対象地域の地形的な特徴を考慮し、国土数値情報の標高データおよび道路データを用い、起伏や道路ネットワークの影響を含めて定量化する。居住者属性と地域環境の両面から必要とされる買い物支援サービスを明らかにすることにより、有効で持続可能な買い物支援策を検討するための知見を得ることを目指す。
研究期間
Research Period
2021-11-04 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

費 子哲 東京大学大学院 新領域創生科学研究科 社会文化環境学専攻 山田研究室
Fei Zizhe Yamada Lab, Department of Socio-Cultural Environmental Studies, Graduate School Frontier Sciences, The University of Tokyo
山田 育穂 東京大学 空間情報科学研究センター
Ikuho Yamada Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B08_2020年8月)
Telepoint Pack DB August 2020 (Yellow pages)
大型小売店ポイントデータ2014年版 (全国データ) データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.