ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
Using Cell-phone Mobility Data to Study Voter Turnout
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1131
研究代表者
PI
原田 勝孝 / 福岡大学経済学部
Masataka Harada / Faculty of Economics, Fukuoka University
事務担当者
Secretary
原田 勝孝 / 福岡大学経済学部
Masataka Harada / Faculty of Economics, Fukuoka University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
関本 義秀 / -
Yoshihide SEKIMOTO / -
研究内容
Abstract
以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。 以下の英語版Abstractを参照ください。システムの都合上、同じ文章が続きます。
Scholars of voting behavior are often confronted with poor data availability or unhelpfully large units of aggregation (such as cities or states) for reported turnout. We demonstrate a big-data solution to this challenge, using fine-grained cell-phone mobility data for half a million unique individuals during three recent elections in Tokyo. Our approach combines GPS data points and the geolocations of polling stations to uncover previously unavailable, individual-level (but anonymized for privacy) patterns of voting behavior. We first examine the validity of the GPS-based turnout measure by comparing it to reported turnout at official administrative units of aggregation. We then demonstrate the substantive utility of our approach with an application exploring whether the distance from their predicted addresses to their designated polling stations has negative impact on individual decisions to vote.
研究期間
Research Period
2021-11-13 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

原田 勝孝 福岡大学経済学部
Masataka Harada Faculty of Economics, Fukuoka University
スミス ダニエル コロンビア大学
Daniel M. Smith Department of Political Science and School of International and Public Affairs, Columbia University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II (2020年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2020 Shapefile Tokyo prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.