ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
不動産取引における水害リスクの説明説明義務化等が不動産市場に与える影響
Impact of mandatory explanation of flood risk in real estate transactions on the real estate market
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1134
研究代表者
PI
高橋 正史 / 政策研究大学院大学まちづくりプログラム
Masafumi Takahashi / Urban Policy Program, The National Graduate Institute for Policy Studies
事務担当者
Secretary
高橋 正史 / 政策研究大学院大学まちづくりプログラム
Masafumi Takahashi / Urban Policy Program, The National Graduate Institute for Policy Studies
受入CSIS教員
CSIS reception staff
高橋 孝明 / -
Takaaki TAKAHASHI / -
研究内容
Abstract
浸水リスクが高い地域でも、不動産取引が活発に行われて、不動産需要が高い場合もある。 近年、大規模水災害が激甚化・頻発化しており、水害リスクの情報が不動産取引の意思決定を行う上で重要な要素になっている。そこで、2020年8月28日より買い手にリスクを考慮した取引を促すこと等のため、不動産取引時において水害ハザードマップにおける対象物件の位置の説明が義務化されたところである。本研究では、水害の発生や上記の制度改正による水害リスクの説明義務化が不動産市場に与える影響を明らかにすることにより、水害リスクを考慮した不動産取引が行われる上でのさらなる政策的な対応について考察することを通じて、安全なまちづくりに寄与することを目的とする。
研究期間
Research Period
2021-11-17 - 2022-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

高橋 正史 政策研究大学院大学まちづくりプログラム
Masafumi Takahashi Urban Policy Program, The National Graduate Institute for Policy Studies
西村 紘明 国土交通省 住宅局 住宅総合整備課 住環境整備室  課長補佐 (併)人事院 派遣行政官  国内研究員(政策研究大学院大学/まちづくりプログラム)
HIROAKI NISHIMURA Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism /Housing Bureau/Housing Development Division /Urban Policy Program, School of Government, National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS)

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.