ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
動画像を用いた群衆計数に関する基礎的研究
Basic Study on Crowd Counting Using Video Images
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
1159
研究代表者
PI
今井 龍一 / 法政大学 デザイン工学部 都市環境デザイン工学科
Ryuichi Imai / Hosei university Faculty of Engineering and Design Department of Civil and Environmental Engineering
事務担当者
Secretary
野村 圭哉 / 法政大学 社会空間情報研究室
Keiya NOMURA / Hosei University Socio-Spatial Information Laboratory
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
近年,事件・事故の決定的な証拠になり,犯罪抑止力の効果もあることから,東京都を始めとした自治体において犯罪防止のための条例に「防犯カメラの設置」が盛り込まれた.これにより,多くの公共施設や商業施設,住宅等で防犯カメラの設置が進んでいる.他方で,犯罪の監視に活用するだけでなく,防犯カメラに写る人数を計数することは,イベントの安全な運営や定量的な集客効果の把握に寄与することから非常に重要な取り組みになる.特に,群衆を起因とする事故は毎年のように世界中から報告されており,社会問題の1つであるといえる.しかし,現在は防犯カメラの映像の監視を人手に頼っているため,群衆の状態を定量的に把握することは困難である.さらに,群衆の混雑状況の判断は個人の定性的な感覚に頼っており,データを用いた定量的な判断ができていないという課題もある. そこで,本研究では,防犯カメラの映像に画像解析技術を適用することで,群衆の人数や状態を定量的に取得できると考えた.取得したデータだけでなく,方向や属性などの様々なデータと連携させることによって,群衆データを用いた新たな価値の創造が可能になる.群衆の数をより正確に計測する技術の開発を目指すと共に,安全管理やマーケティング,エリアマネジメント等の幅広い分野における群衆データの活用を目標に取り組んでいる.
研究期間
Research Period
2022-04-02 - 2023-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

柴崎亮介 東京大学空間情報科学研究センター
Shibasaki Ryousuke

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【別途書類手続き。承認まで1-2ヶ月の可能性】 2006年沖縄本島中南部都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2006 Okinawa Main Island (South) Metropolitan Area
【別途書類手続き。承認まで1-2ヶ月の可能性】 【空間配分版】 2016年東駿河湾都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2016 Higashi-Surugawan Metropolitan Area(spatially reallocated)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.