ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
水害と都市形成過程に関する考察と将来展望
Association with flood hazards and city formation
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
156
研究代表者
PI
黄光偉 / 東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻
Ki Kou Era / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
佐藤 英人 / -
- / -
研究内容
Abstract
千葉県北部の手賀沼流域は、利根川の遊水地としての機能を有していたことから、過去何度も利根川からの逆流による浸水被害を被ってきた。それに加え干拓の必要性もあり、積極的な治水事業が進められてきた。結果、現在はほとんどの地域で安全性が確保されている。しかし、手賀沼流域は人為的な施策なくしては本来水害の危険が高い地域である。そこで、手賀沼の水位上昇による氾濫を仮定しその被害を推定することにより、潜在的な水害の危険性を明らかにする。さらに、人為的な施策が施される以前の水害の危険性と過去から現在への市街地の拡大を捉え、人為的な水害に対する施策が市街地の拡大にどう影響し、またどのように潜在的な危険性が高まってきたのかを考察する。こうした治水事業とそれにより生まれる潜在的な水害の危険性の関連を明らかにすることで、都市の水害に対する根本的な安全性を高める施策を検討することができると考えている。(データを追加したい理由)水害のシミュレーションにおいて、手賀沼流域を対象地域として扱おうと考えている。シミュレーションを行う上で、氾濫した水が地表を流れる状況を再現するため、地形の起伏に関する情報が必要となる。
研究期間
Research Period
2007-08-01 - 2008-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

佐藤 英人 高崎経済大学 地域政策学部
Satoh Hideto Faculty of Regional Policy, Takasaki City University of Economics

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)新潟県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Niigata prefecture
北海道地図 GISMAP for Terrain データセット 2005年提供版
Hokkaido-Chizu GISMAP for Terrain 2005
数値地図5000(土地利用)(世界測地系・地理情報標準版)データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.