ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
登録価格が滞留期間と取引価格に与える影響
The Effect of the Listing Price on the transaction price and
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
207
研究代表者
PI
前川俊一 / 明海大学不動産学部
Maekawa Syunichi / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
未設定 / -
未設定 / -
研究内容
Abstract
中古住宅市場において登録価格の設定は取引価格に影響を与えるだけでなく市場滞留期間にも大きな影響を与える。登録価格を引き上げると取引価格は上昇する可能性がある一方市場滞留期間を長くする。売り手にとって登録価格の設定は重要な戦略となる。また、市場滞留期間の分析および登録価格の取引価格、市場滞留期間の影響の分析をすることは中古住宅市場の効率性に関する重要な資料を提供すると考えられる。 現在のところわが国では市場滞留期間に関する情報が不足しているので、アメリカのMLSのデータを用いて登録価格の取引価格と市場滞留期間に与える影響を分析したが、貴センターにあるリクルートのデータを用いて、日本においても同様な分析を行って、アメリカと日本の中古住宅市場の効率性および売り手の登録価格の戦略の比較検討をしたい。
研究期間
Research Period
2008-11-07 - 2009-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

前川俊一 明海大学不動産学部
Maekawa Syunichi
曹 雲珍 明海大学大学院不動産学研究科 院生
* Kumo Chin

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

中古マンションデータ(東京23区)データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.