ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
子どもの被害の測定と防犯活動の実証的基盤の確立
Establishing an empirical basis to measure and prevent crimes against children.
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
221
研究代表者
PI
原田 豊 / 科学警察研究所 犯罪行動科学部
Harada Yutaka / Department of Criminology and Behavioral Sciences
受入CSIS教員
CSIS reception staff
今井 修 / -
- / -
研究内容
Abstract
社会技術開発機構(RISTEX)における研究開発プログラム「犯罪からの子どもの安全」のなかで「子どもの被害の測定と防犯活動の実証的基盤の確立」をテーマとした研究開発で、子ども行動や、防犯活動などの調査、防犯に関する地域特性などを研究していますが、その中で一定の縮尺の地図データが必要になり、CSISの所持するデータを利用する必要があります。本研究は、CSISの構成員も参加して、その研究内容は、小型GPS装置などを使用して、子供の行動を把握して、これから、日常行動の論理モデルを構築したり、一定のアンケートや、インタビューを利用して、被害尺度を作成したり、地域の防犯活動の調査を実施するものです。また、防犯に関するポータルサイトを作成することや、各研究者の共用のためにGISサーバーを設置し、利用しています。
研究期間
Research Period
2009-02-28 - 2011-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

今井 修 東京大学空間情報科学研究センター
Imai Osamu Center for Spatial Information Science The University of Tokyo
原田 豊 科学警察研究所 犯罪行動科学部
Harada Yutaka Department of Criminology and Behavioral Sciences
島田貴仁 科学警察研究所犯罪行動科学部
Shimada Takahito Dept. of Criminology and Behavioral Science, National Research Institute of Police Science of Japan
齊藤 知範 科学警察研究所 犯罪行動科学部 犯罪予防研究室
Tomonori SAITO Crime Prevention Section, Department of Criminology and Behavioral Sciences,National Research Institute of Police Science
浅川 達人 明治学院大学社会学部
Asakawa Tatsuto Department of Sociology, Meiji Gakuin University
雨宮 護 筑波大学システム情報系
Amemiya Mamoru Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba
温井達也 株式会社プレスメイキング研究所 社長
Nukui Tatsuya
佐々木誠 株式会社プレスメイキング研究所 特別研究員
Sasaki Makoto
原田 章 甲子園短期大学 准教授
Harada Akira
佐藤 俊明 株式会社パスコ経営戦略本部総合研究所
Satoh Toshiaki Pasco co.
大川裕章 (有)HCCソフトウエアエンジニアリング 代表取締役
Ookawa Hiroyuki HCC Software Engineering
鈴木茂雄 ESRIジャパン株式会社 部長
Suzuki Shigeo
町田由美 ESRIジャパン株式会社 コンサルティングサービスG
Machida Yumi Consulting Service Group, ESRI Japan Corp.
岩倉 希 福島刑務所 分類教育
Iwakura Nozomi Fukushima prison
高木 大資 東京大学大学院医学系研究科
Daisuke Takagi School of Public Health, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)茨城県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Ibaraki prefecture
Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)千葉県 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)東京都 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Tokyo Metropolitan
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)新潟県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Niigata prefecture
Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)兵庫県 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Hyogo prefecture
北海道地図 GISMAP for Road データセット 2005年提供版
Hokkaido-Chizu GISMAP for Road 2005

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 An Analysis of Crime Hot Spots Using GPS Traking Data of Children and Agent-Based Simulation Modeling
論文 Assessing the Validity of the Agent-based Modeling Using GPS Tracking Data
論文 Assessing Victimizations of Children in Their Routine Activities
論文 An Agent-Based Model of Routine Activities of Children and Crime Victimization
論文 Preventing Criminal Victimization using GIS
論文 G空間情報の防犯分野での活用
論文 流し録り音声による野外調査記録作成支援ソフトウェアの開発
論文 KS法クラスター分析ツールの開発
論文 犯罪学にもとづく子どもの被害防止
論文 地域課題の解決に向けたGIS人材育成プログラムの研究
論文 簡易GPSロガーとシール式日記を用いた子どもの行動調査法
論文 犯罪・安全・安心とGIS
論文 子どもの被害調査と日常活動調査―その必要性と社会実装のための試み―
論文 市民参加活動団体向けGIS教育の研究
論文 GPSログとデジタル写真の時刻情報による流し録り音声からの質的データ収集の効率化

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.