ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
再興感染症の伝播と制御に関連する動物の分布に関する研究
Study on distribution of animal that relates to spread and control of reemerging infectious disease.
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
241
研究代表者
PI
西渕光昭 / 京都大学東南アジア研究所
Nishi Fuchi Mitsuaki / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
日本では1960年代から各地で日本脳炎ウイルスを媒介するコガタアカイエカなどの幼虫を駆除する目的で北アメリカ原産のカダヤシ科のカダヤシ Gambusia affinisを放流してきた。しかし在来種(とくにメダカ)に大きな影響を与えることから,外来生物法によりカダヤシは特定外来生物に指定された。メダカと比較してカダヤシは耐寒性が低いことが知られている。本研究は各地のカダヤシの生息状況報告と気候観測データとを照らし合わせ、カダヤシの生息に必要な気候条件を検討することを目的としている。マラリアはハマダラカによって媒介される代表的な熱帯感染症である。しかし、温帯地域に区分されるわが国にもかつてマラリアが発生した地域があり、熱帯特有とは言い切れない。また、地球の温暖化に伴いマラリアが再興する可能性が言われている。ここで、マラリア原虫の媒介に関わる蚊のわが国への侵入や現在、適応した蚊との共存が可能であるか、そしてマラリアの再興の可能性があるかについて、国際空港がある都市を中心に分子疫学と空間疫学的手法を用いて研究を行う。
研究期間
Research Period
2009-09-01 - 2012-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

西渕光昭 京都大学東南アジア研究所
Nishi Fuchi Mitsuaki

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)東京都 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Tokyo Metropolitan
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)大阪府 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Osaka metropolitan
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)兵庫県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Hyogo prefecture
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)沖縄県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Okinawa prefecture
レーダーアメダス解析雨量 データセット
Radar AMeDAS rainfall
アメダス10分値データ (CSV形式) データセット
平年値 (1971-2000年平均) データセット
average annual value (1971-2000)
1kmメッシュ気候値 (1971-2000年平均) データセット
世界気象資料 データセット
World weather data
平年値 (1961-1990年平均) データ
Average annual value (1961-1990)
地上気象観測時日別データ データセット
気象庁天気図 アジア太平洋地上天気図 データセット
CityScope 首都圏 データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.