ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
バブル期以降の東京大都市圏の空間構造変化とその地域的影響
Changing spatial structure of Tokyo Metropolitan Area and its regional effects after the collapse of the bubble economy
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
243
研究代表者
PI
若林芳樹 / 首都大学東京大学院都市環境科学研究科地理学教室
Wakabayashi Yoshiki / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
1980年代後半のバブル経済期以降,東京大都市圏では地価の急速な上昇と下落により,空間構造に大きな変化が生じている。これは,同時に進行した女性就業の増加や少子高齢化による人口構成の変化とも密接に関係する。これまで東京大都市圏の空間構造については,地理学やその関連分野で数多くの研究が蓄積されてきたが,市区町村単位での分析が主流を占め,市町村合併が進行した2000年以降とは比較が困難な面がある。また,人口の都心回帰や郊外住宅地の高齢化といった近年の地域的動向は,市町村データでは十分に捉えるのが難しい。そこで本研究では,おもに国勢調査メッシュデータ(第3次地域区画)を用いて,バブル期以降の東京大都市圏の空間構造とその変化の時系列的地図化と空間分析を試みる。また,そうした変化がもたらした地域的影響として,都心部と郊外での保育サービスの需給関係の変化に焦点を当てた分析を行う。
研究期間
Research Period
2009-09-01 - 2010-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

小泉 諒 首都大学東京大学院都市環境科学研究科 大学院生
Koizumi Ryou Department of Geography Tokyo Metropolitan University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

昭和60年国勢調査 メッシュ 1次メッシュ単位 データセット
Grid Square Statistics of 1985 Population Census (TXT format, by primary area partition)
平成2年国勢調査メッシュ 1次メッシュ単位 データセット
Grid Square Statistics of 1990 Population Census (TXT format, by primary area partition)
平成7年国勢調査メッシュ 1次メッシュ単位 データセット
Grid Square Statistics of 1995 Population Census (TXT format, by primary area partition)
平成12年国勢調査 地域メッシュ統計 その1 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2000 Population Census Volume 1 (CSV format)
平成12年国勢調査 地域メッシュ統計 その2 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2000 Population Census Volume 2 (CSV format)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.