ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
東京都区部における都心回帰の実態把握
The change of population in the central wards of Tokyo
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
260
研究代表者
PI
大方潤一郎 / 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Ookata Junichirou / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
・背景(1):国土交通白書(2007)では「地価下落等による都心部におけるマンション供給の著しい増加等を背景に、東京23区内への転入が超過して」おり、「「都心回帰」が進んでいる」としている。・背景(2):これまで東京都では、事業、地区計画、法律・条例・制度といった面から都心居住政策を推進してきた。その結果、千代田区など都心部では居住人口がこれまでとくらべ大幅に増加した。しかしながらその一方で、マンション紛争の増加、新規居住者と地元住民との摩擦、ミニ戸建開発といった負の側面も生じている。・本研究の意義:これら問題の解決のためには、都心回帰現象について事業者、行政などが適切な問題意識を共有する必要がある。・本研究の方法:都心回帰現象の実態把握を行う。実態把握(人口分析)、その要因把握(土地・建物利用の調査)、将来に向けた課題把握(アンケート、ヒアリング)の三段構成となる。
研究期間
Research Period
2009-11-09 - 2010-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

貞広 幸雄 東京大学情報学環・学際情報学府
Sadahiro Yukio Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo
大方潤一郎 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Ookata Junichirou
真鍋 陸太郎 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Manabe Rikutarou Department of Urban Engineering, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
小泉秀樹 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 
Koizumi Hideki Urban Engineering, Urban Planning

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

平成17年国勢調査町丁・字等別集計 その1 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Volume 1 (TXT format)
平成17年国勢調査町丁・字等別集計 その2 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Volume 2 (TXT format)
平成17年国勢調査町丁・字等別集計 その3 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Volume 3

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.