ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
古社とその立地地形の空間的相関についての研究 —建築計画学の視点から―
Study for spatial correlation between old shrines and those topography features — from the view point of architectural planning —
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
319
研究代表者
PI
藤井 明 / 東京大学生産技術研究所
Fujii Akira / Institute of Industrial Science,the University of Tokyo
事務担当者
Secretary
橋本 尚樹 / 東京大学 大学院 工学系研究科 建築学専攻
Hashimoto Naoki / Department of Architecture, Faculty of Engineering, the University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
小口 高 / -
Takashi OGUCHI / -
研究内容
Abstract
古代より日本人は自然を畏れ、そしてまた崇拝してきた。 災いをもたらす圧倒的な力に畏怖を抱き、一方で豊かな恵みもたらす自然に感謝を込め信仰した。例えば、島国日本は、大波や嵐を呼ぶ海を畏れ、また豊かな魚介と塩をもたらす海に感謝した。そこで、人々は海に浮かぶ小島に神を祀り、そして神を拝むための小屋を建てた。それが海神を祀る神社の始まりである。 信仰の対象は島、山、洞窟、湖、滝、岬、淵、巨木、巨石など特徴的な自然地形に向けられる事が多い。 ここで興味深いのは、そこに計画された神社(祈りの場)が、その地形を反映して実に多様な佇まいを呈している点である。長い年月を経た古社には、環境に淘汰され順化された歴史がある。地形と深く関係を結び、姿を変えながら今に残る古社郡は、もはや自然地形の一部と言えよう。これらは間違いなく貴重な建築標本である。 これら標本の調査分析は、現代の建築を考える際にその助けにすることを目的としている。例えば、地形という概念は自然発生的なものだけを差すのではなく、人工的に作られたそれも同様に見なすことができれば、現代の新地形をどう読、これら標本から学ぶべき事は大いにあるはずである。
研究期間
Research Period
2011-01-19 - 2012-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

藤井 明 東京大学生産技術研究所
Fujii Akira Institute of Industrial Science,the University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

北海道地図 GISMAP 25000V 2001年 データセット
Hokkaido-Chizu GISMAP 25000V 2001
GISMAP Terrain UTM座標系50m標高格子データ (DTM形式) データセット
GISMAP Terrain UTM coordinate system grid 50 m elevation data (DTM format)
GISMAP Terrain UTM座標系50m標高格子データ (ASCII形式) データセット
GISMAP Terrain UTM coordinate system grid 50 m elevation data (ASCII format)
北海道地図 GISMAP for Terrain データセット 2005年提供版
Hokkaido-Chizu GISMAP for Terrain 2005

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
学位論文 伊豆・上野の式内社における空間の神性表現

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.