ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
介護等を受けながら住み続けられる高齢者の住まいのあり方に関する調査研究
Surveillance study on ideal way of residence of senior citizen who keeps living while receiving care .
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
355
研究代表者
PI
大月 敏雄 / 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻
Otsuki Toshio / Department of Architecture, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
廣瀬 雄一 / 東京大学 高齢社会総合研究機構
Hirose Yuuichi / Institute of Gerontology, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
要介護状態における高齢者の住まい方は大きく分けて、在宅(自宅)、サービス付き高齢者向け住宅、施設サービスの3つがある。都市部を中心に、急激な単身高齢者及び高齢者夫婦のみの世帯の増加が見込まれる中、重度の高齢者が在宅生活を続けることのできる仕組みを構築することは、「Aging in place」の観点から望ましいとともに、施設への移行を極力少なくすることは、介護保険財政の持続性を向上させることにも寄与するものと考えられる。 そこで、本研究では検討委員会を設けて、在宅生活を継続し得る24時間在宅ケアの議論をすると共に、以下の仮説を設定し、1~2の分析を行う。 1.現在の在宅サービスの事業所単位で利用者をみてみると、利用者の居住地のばらつきがありサービス提供圏域が効率的でない。(地理的ないびつさ) 2.利用者毎のサービス利用状況をみてみると、利用サービス種類毎に事業所の場所及び、その母体法人にばらつきがある。(サービス提供体制のいびつさ)
研究期間
Research Period
2011-08-01 - 2012-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

吉江 悟 東京大学 高齢社会総合研究機構
Yoshie Satoru Institute of Gerontology the University of Tokyo
後藤 純 東京大学 高齢社会総合研究機構
Gotou Jun Institute of Gerontology, Univ. of Tokyo
大月 敏雄 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻
Otsuki Toshio Department of Architecture, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
廣瀬 雄一 東京大学 高齢社会総合研究機構
Hirose Yuuichi Institute of Gerontology, The University of Tokyo
李 鎔根 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻
Lee, Yonggeun Department of Architecture, Faculty of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Chiba prefecture

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 築年経過による住宅種別居住者の年齢構造変化に関する研究,千葉県K市における事例調査より
論文 住宅形式比率が高齢化率の変化に与える影響に関する研究,千葉県K市における事例調査より
論文 都市部団地及びその周辺地域住民の介護保険サービスの利用傾向に関する研究-UR豊四季台団地内外の居住実態に関する調査研究(その4)-
論文 「24時間在宅ケア」の合理性の検証
学位論文 住宅地における地域年齢構造の推計と制御に関する研究

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.