ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
駅周辺居住高齢者の近隣歩行を誘発・阻害する要素とその行動特性分析
The element which induces and checks elderly people's walk who are living near stations and its behavioral trait analysis
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
376
研究代表者
PI
浅見泰司 / 東京大学大学院工学系研究科
Asami Yasushi / Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
加藤 寛泰 / 東京大学 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻
Katou Hiroyasu / department of socio-cultural environmental studies
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
欧米では、環境負荷の低い街づくり、健康増進といった観点から、都市の歩きやすさ、Walkabilityについての研究が盛んである。日本でも欧米発信の質問紙(ANEWS等)を取り入れた研究が始まってはいるが、車依存度の高い地域が想定されていること、文化・社会的背景の違いから、日本社会における歩きやすさの指標として適切であるかについては疑問が残る。更に、こうした住民全般をターゲットとした手法では、高齢者のような交通弱者ならではのニーズや負荷を捉えることは難しい。 本研究では、特に高齢者の歩行・外出行動、その住環境(特にWalkability)との関連性を把握するために、高齢者の特性を考慮した質問紙を用いると共に簡易的にパーソントリップ調査を行う。鉄道駅周辺に住む高齢者の行動特性や都市空間の評価構造を定性・定量的に捉え、GISや現場調査から得られた客観的な指標がそれらにどう影響を及ぼしているかを分析、高齢者の歩行行動の頻度や嗜好性を高める要素の抽出・重み付けを行うことで、交通弱者である高齢者にも住みよい駅周辺の都市空間整備のための基礎的知見を得ることを目的とする。
研究期間
Research Period
2011-11-08 - 2012-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

加藤 寛泰 東京大学 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻
Katou Hiroyasu department of socio-cultural environmental studies
山田 育穂 東京大学 空間情報科学研究センター
Ikuho Yamada Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
浅見泰司 東京大学大学院工学系研究科
Asami Yasushi Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【新規利用申請受付停止中】拡張版全国デジタル道路地図データベース 2009年版
Digital Road Map Database extended version 2009

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.