ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
東日本大震災における液状化リスク認識の変化が地価に及ぼす影響
change of the liquefaction risk recognition has influenced on land prices in the Great East Japan Earthquake
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
385
研究代表者
PI
中川 雅之 / 日本大学経済学部
Nakagawa Masayuki / College of Economics, The Nihon University
事務担当者
Secretary
大郷 歩 / さいたま市
Ayumi Daigo / Saitama City
受入CSIS教員
CSIS reception staff
河端 瑞貴 / -
- / -
研究内容
Abstract
本研究では、2011年3月11日に起きた東日本大震災の前後において、液状化が懸念される地域での地価へ与える影響が異なるものか検証するものである。地震大国である我が国において、地震は経済社会の大きなリスク要因になっているが、東日本大震災により、津波等の甚大な被害が起きた。その中でも、浦安市をはじめとして液状化被害も深刻なものであった。ここでは、液状化に着目し、震災後の社会は液状化に対してリスク認識を一変させたと予想する。もし、仮にそれが事実であれば、液状化に対する対策を改善していくことが必要とされる。 液状化リスクが地価に与える影響を検証することによって、社会の必要性を把握し、ハザードマップ等への政策に反映されることがこの研究の目的である。
研究期間
Research Period
2011-12-07 - 2012-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

大郷 歩 さいたま市
Ayumi Daigo Saitama City

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

天保14年天保御江戸絵図データ (Shape形式) データセット
東京市大字界ポリゴンデータ (Shape形式) データセット
東京都都心部標高データベース データセット

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.