ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
渋谷区における犯罪発生予測システムの構築
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
42
研究代表者
PI
柴崎亮介 / 東京大学空間情報科学研究センター
Shibasaki Ryousuke / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
未設定 / -
未設定 / -
研究内容
Abstract
現在、急増する多種多様な犯罪に対しより効率的で効果的な警察活動を展開する為に、 情報技術の活用の必要性が叫ばれている。事実、近年のニューヨーク市の治安向上 﨣kZ術の活用の必要性が叫ばれている。事実、近年のニューヨーク市の治安向上に は、地理情報システム(GIS)の貢献が大きく、又イギリスやオランダでも国を挙げ ての政策に乗り出し様々な成果をあげている。よって、日本でも独自の研究が急がれ る。サこで本稿では、犯罪を事前に予防するという観点から、ここ10年で急増し且つ狙わ れやすい空間的特徴があると言われる侵入盗、ひったくり、置き引きの3つの罪種に 注目し、中でも犯罪が多発する渋谷地区を対象に、犯罪の発生しやすい空間の特徴を 渋谷警察署の警察官数人にヒアリングを行った。更にその傾向をGISで分析すること で、危険と思われる地域やそれに基づく犯罪の発生率を予測する事を目的とする。
研究期間
Research Period
2002-09-17 - 2003-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

柴崎亮介 東京大学空間情報科学研究センター
Shibasaki Ryousuke

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)東京都 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Tokyo Metropolitan

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.