ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
普遍的最速フロー型緊急避難モデルの大規模計算への拡張と大阪市の津波避難ビルの立地評価への応用
Applying an Emergency Evacuation Model using the Universally Quickest Flow to High Performance Computing and Locational Evaluation of Tsunami Evacuation Buildings in Osaka City
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
415
研究代表者
PI
瀧澤 重志 / 大阪市立大学大学院工学研究科共通分野/都市系専攻
Takizawa Atsushi / Department of Applied Mathematics and Miscellaneous / Architecture and Building Engineering, Graduate School of Engineering, Osaka City University.
事務担当者
Secretary
瀧澤 重志 / 大阪市立大学大学院工学研究科共通分野/都市系専攻
Takizawa Atsushi / Department of Applied Mathematics and Miscellaneous / Architecture and Building Engineering, Graduate School of Engineering, Osaka City University.
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
東北地方太平洋沖地震による甚大な津波被害を受け,津波避難に対する取り組みの見直しが進められている.大阪市では従来の2倍の津波高さを想定し,2012年4月までに約900棟の津波避難ビルの確保を行った.しかし,これらの施設は空間的に偏在しており,地域別でみると時間帯によって収容可能人数が大幅に足りなくなる所もある.従って,任意の時刻において,各地点から最短でどのくらいの時間で安全な場所へ逃げることができるかを定量的に明らかにし,さらなる対策につなげる必要がある.2010年度の共同研究(No.305)では徳島県の沖洲地区を対象として,普遍的最速フローモデルを用いて各地域から津波避難ビル等への最短避難時間と避難経路を求めた.本研究では大規模な大阪市の道路ネットワークへこの緊急避難モデルを適用することを目標とする.そのため,大規模計算に適したモデルやアルゴリズムへの改良を行い,申請する空間データを用いて,現状の大阪市の津波避難ビルの立地評価を行う.
研究期間
Research Period
2012-05-26 - 2014-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

神山 直之 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
Kamiyama Naoyuki Institute of Mathematics for Industy
藤澤 克樹 九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所
Fujisawa Katsuki Institute of Mathematics for Industry
加藤 直樹 京都大学 工学研究科
Katou Naoki Faculty of Engineering, Kyoto University
瀧澤 重志 大阪市立大学大学院工学研究科共通分野/都市系専攻
Takizawa Atsushi Department of Applied Mathematics and Miscellaneous / Architecture and Building Engineering, Graduate School of Engineering, Osaka City University.
福永 拓郎 国立情報学研究所 ビッグデータ数理国際研究センター
Takuro Fukunaga Global Research Center for Big Data Mathematics, National Institute of Informatics
河原林 健一 国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系
Ken-ichi Kawarabayashi Principles of Informatics Research Division, National Institute of Informatics

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
2000年京阪神都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2000 Kyoto/Osaka/Kobe Metropolitan Area
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)大阪府 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Osaka metropolitan
平成17年国勢調査町丁・字等別集計 その1 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Volume 1 (TXT format)
平成17年国勢調査町丁・字等別集計 その2 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Volume 2 (TXT format)
平成17年国勢調査町丁・字等別集計 その3 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Volume 3
平成17年国勢調査町丁・字等別集計 従業地・通学地集計 (TXT形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Tabulation on Place of Work or Schooling (TXT format)
平成17年国勢調査町丁・字等別地図境域データ 世界測地系 (Shape形式) データセット
2005 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Boundary data (Shapefile format, JGD 2000)
平成18年事業所・企業統計調査 町丁・大字別集計 (TXT形式) データセット
2006 Establishment and Enterprise Census: Statistical data by small areas (TXT format)
平成18年事業所・企業統計調査 調査区別地図境域データ 世界測地系 (Shape形式) データセット
2006 Establishment and Enterprise Census: Boundary data of enumeration districts (ESRI Shape, Japanese Geodetic Datum 2000)
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A12_2011年2月)
Telepoint Pack DB February 2011
RMM21(Rits Marketing Map 21)2009年度・2011年度データセット
RMM 21 Rits Marketing Map FY 2009 and 2011
【新規利用申請受付停止中】拡張版全国デジタル道路地図データベース 2009年版
Digital Road Map Database extended version 2009

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 最速輸送問題に対する高速近似解法の提案及び避難計画への応用に関する研究
論文 最速輸送問題に対する高速近似解法の提案及び避難計画への応用に関する研究
論文 最速輸送問題に対する高近似解法の提案及び避難計画への応用に関する研究
論文 An Emergency Evacuation Planning Model Based on the Universally Quickest Flow
論文 普遍的最速フローモデルを用いた緊急災害時における避難計画手法に関する研究
学位論文 都市における避難所割り当ての列挙と評価手法の研究-大阪市内を対象として-

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2012
2013