ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
マルチエージェントシステムを用いた人工都市におけるインフルエンザの感染拡大シミュレーション
Simulating Spread of Influenza in the Virtual City with Multi-Agent System
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
421
研究代表者
PI
小國 健二 / 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科
Oguni Kenji / Department of System Design Engineering, Faculty of Science end Technology, Keio University
事務担当者
Secretary
奥本 良太 / 慶應義塾大学 理工学研究科 開放環境科学専攻
Okumoto Ryouta / Department of open environmental science, Faculty of science and engineering, University of Keio
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
インフルエンザのパンデミックに対する施策の判断材料になっている感染シミュレーションの精度が低いことが問題となっている。これは、感染に寄与する実際の人々の行動がモデル化されていないことが原因である。そこで本研究は、感染に寄与する人の動きをモデル化することにより、感染シミュレーションの精度を向上させ、感染抑制のための施策の根拠となる新たな感染拡大の仕組みを発見することを目的としている。私は、感染拡大の主要因を電車内での感染と考え、都心の複雑な路線のネットワークを実装し、人を現実と同じように移動させるシステムを作成した。これにより、地域別による感染量の違いが表現できるようになった。また、現状は、1つの都市モデルという閉じられた空間においてシミュレーションを行っているが、今後は人の流出入を考慮したシミュレーションを行う予定である。
研究期間
Research Period
2012-06-23 - 2013-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

小國 健二 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科
Oguni Kenji Department of System Design Engineering, Faculty of Science end Technology, Keio University
奥本 良太 慶應義塾大学 理工学研究科 開放環境科学専攻
Okumoto Ryouta Department of open environmental science, Faculty of science and engineering, University of Keio

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.