ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
エネルギーのローカルな地産地消に向けた薪ストーブ利用実態の把握
Identification of details of wood stove utilization towards locally energy generation and consumption
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
467
研究代表者
PI
寺田 徹 / 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
Toru Terada / Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
寺田 徹 / 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
Toru Terada / Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
雨宮 護 / -
Mamoru AMEMIYA / -
研究内容
Abstract
東日本大震災以降,エネルギーのローカルな安全保障に対する関心が高まっている。豊かな森林資源を有する我が国では,森林由来の木質バイオマスが,ローカルなエネルギー源のひとつとなりうる。そこで本研究では,木質バイオマスの中でも最も簡易に利用可能な薪に着目し,薪ストーブ導入率の高い長野県伊那市において,その利用実態を解明することを目的とする。具体的には,ストーブ導入世帯を煙突の有無と形状で同定した上で,各世帯に直接配布形式のアンケートを行う。ストーブ導入世帯の分布は,ArcGISにより空間データとして整備する。同調査によって,年間薪使用量が解明されるとともに,現代人の住まい方や生活習慣と,薪の消費量との関係が明らかにできる。こうした知見は,旧来的なエネルギーとされてきた薪を,エネルギーのローカルな安全保障に資する,再生可能な木質バイオマスとして現代的に見直すことに貢献すると考えられる。
研究期間
Research Period
2013-01-26 - 2014-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

原島 義明 東京大学 大学院新領域創成科学研究科
Harashima Yoshiaki Department of Natural Environmental Studies, The University of Tokyo
寺田 徹 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
Toru Terada Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
山本博一 東京大学大学院新領域創成科学研究科
Yamamoto Hirokazu

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)長野県 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Nagano prefecture
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)長野県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Nagano prefecture
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)長野県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Nagano prefecture
北海道地図 GISMAP for Terrain データセット 2005年提供版
Hokkaido-Chizu GISMAP for Terrain 2005

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 長野県伊那市における薪による小規模バイオマスエネルギー利用の実態

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2012
2013