ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
数値標高モデルを用いた地すべり地形の定量的抽出と評価
Detection of landslides and their susceptibility evaluation using DEMs
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
472
研究代表者
PI
早川 裕弌 / 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa / Environmental Earth Science, Hokkaido University
事務担当者
Secretary
早川 裕弌 / 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa / Environmental Earth Science, Hokkaido University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
早川 裕弌 / -
Yuichi S. HAYAKAWA / -
研究内容
Abstract
数値標高モデル(DEM)を用いた自動地形分類の手法の適用は、さまざまな空間スケールにおいて実施されている。なかでも、オブジェクトベースの画像解析を応用した地形分類手法が近年注目され、地域スケールから全球スケールに至るまで応用されている。また、こうした手法を用いて、ある特定の地形を対象とした地形特徴の抽出も可能となる。しかしながら、斜面変動が活発な日本列島において、地すべり地形を対象とした手動地形分類は長年にわたり行われてきているものの、これに対する自動地形分類の試みはまだ多くはなされていない。本研究では、公開されている手動分類に基づく地すべり地形分布図データと、オブジェクトベースの画像解析を応用したDEMに対する自動地形分析手法を用いて、日本列島の山岳地域における地すべり地形の特徴を定量的に評価することを目的とする。試験領域として南アルプス地域の地すべり地帯の分析から開始し、その後全国各地の地すべり地帯への適用を進める。これにより、旧来の手動分類による地すべり地形の数値的評価とともに、自動分類における各種パラメータの最適値などを考慮した新手法の開発が可能となる。
研究期間
Research Period
2013-03-13 - 2015-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

Lucian Dragut ティミショアラ西大学地理学部/東京大学空間情報科学研究センター
Lucian Dragut Department of Geography, West University of Timisoara
齋藤 仁 関東学院大学 経済学部
Saito Hitoshi College of Economics, Kanto Gakuin University
小口 高 東京大学空間情報科学研究センター
Oguchi Takashi
早川 裕弌 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa Environmental Earth Science, Hokkaido University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

北海道地図 GISMAP for Terrain データセット 2005年提供版
Hokkaido-Chizu GISMAP for Terrain 2005

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.