ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
ロケーションソーシャルデータを活用した大規模人流データの整備に関する研究
Study of data development of mass person flow using location social data
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
489
研究代表者
PI
秋山 祐樹 / 東京大学空間情報科学研究センター
Akiyama Yuki / Center for Spatial Information Science,The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
秋山 祐樹 / 東京大学空間情報科学研究センター
Akiyama Yuki / Center for Spatial Information Science,The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
これまで人流の様子を広域に渡って把握するためにパーソントリップ調査の結果が広く用いられてきた。パーソントリップ調査からは人々の自宅や勤務地の位置、移動方法、移動目的などを詳細に把握できるが、一方で同調査の実施には多大な労力・時間がかかるため、高頻度な調査は不可能であった。 ところが近年では各種ウェブサービスから得られるロケーションソーシャルデータを活用することで、大量の人々の位置情報をそれらの属性(年齢・性別等)付きで推定出来る可能性がある。そこで本研究では株式会社ナイトレイが保有するロケーションソーシャルデータ解析エンジンT-Rexaで取得された時空間データを、平成20年の東京都市圏の人の流れデータセットと比較しT-Rexaデータの偏りを補正する係数を算出することを目指す。その結果T-Rexaデータを用いて低コスト、短期間でパーソントリップ調査に類似した調査を行うことができるようになる。またこの研究を応用することにより、本来パーソントリップ調査を行う予算がない地方自治体や海外の発展途上国などでも、Web上から取得できるデータの解析を行うことで人の流れを把握することが可能になり、交通機関の整備や都市開発等の分野に活用出来ることが期待される。
研究期間
Research Period
2013-07-20 - 2016-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

秋山 祐樹 東京大学空間情報科学研究センター
Akiyama Yuki Center for Spatial Information Science,The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2013 非公開 / private