ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
東京(23区)における、ネットーワーク解析を用いた救急車の適正配備について
About the appropriate deployment of the ambulance using the network analysis in Tokyo (23 wards)
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
504
研究代表者
PI
諸星 穂積 / 政策研究大学院大学
Hozumi Morohosi / National Graduate Institute for Policy Studies
事務担当者
Secretary
諸星 穂積 / 政策研究大学院大学
Hozumi Morohosi / National Graduate Institute for Policy Studies
受入CSIS教員
CSIS reception staff
高橋 孝明 / -
Takaaki TAKAHASHI / -
研究内容
Abstract
救急業務は、都民の生命身体の安全を守る上で不可欠なサービスとして日常生活に深く浸透している。そうした中、近年における高齢化社会の進展に伴う疾病構造の変換等に起因し、救急出動件数は毎年増加し、今後も増加していくことが予想されている。  また救急出動件数の増加の影響を受け、度重なる救急出動要請による現場到着の遅れが顕著に表れている。これは、今後更なる高齢化社会を迎えるわが国において、救急医療業務が抱える大きな課題である。  このような現状は、東京も例外ではなく、平成24年中の東京消防庁管内の救急出場件数74万1,702件であり、前年から2.4%増え、1日平均2,027件に出場し、出場頻度としては43秒に1回の割合で出場した計算になっている。また、出場から現場到着までの時間も7分10秒も要しており大きな課題となっている。  しかし、現状の救急車の配置は、直線距離や円を用いた圏域による配置という簡略化された配置手法であり、道路状況等を勘案した配置になっていない。 今後も救急出場件数は増加していくことが予想されることから、東京消防庁の救急出場に関するデータを基に、救急業務の現状を分析し、GISを用いた地域空間情報との関連性によるネットワーク解析を用い、救急車の最適配備モデルの構築の研究をする。
研究期間
Research Period
2013-10-23 - 2015-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

近藤 寛 政策研究大学院大学 防災・復興・危機管理プログラム
kondo yutaka program of disaster riskmanegment,THE GRPS
諸星 穂積 政策研究大学院大学
Hozumi Morohosi National Graduate Institute for Policy Studies

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【新規利用申請受付停止中】拡張版全国デジタル道路地図データベース 2009年版
Digital Road Map Database extended version 2009

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2013