ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
都市の生物多様性保全に向けた都市住民の自然認識と緑地の選好性との関係の解明
Nature Perception and Landscape Preference: Contextualizing Urban Biodiversity Conservation
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
520
研究代表者
PI
寺田 徹 / 東京大学 新領域創成科学研究科
Terada Tooru / Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
寺田 徹 / 東京大学 新領域創成科学研究科
Terada Tooru / Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
都市の生物多様性に関する国際組織であるURBIO(Urban Biodiversity and Design)が2007年に形成されたことように、昨今、世界人口の半数以上が暮らす都市において、生物多様性の保全が重要な課題となっている。生物多様性の保全に向けては、種や生態系の保全に対して社会的な合意が得られることが肝要である。そして合意形成の基礎を成すのが、都市住民の自然に対する認識や、緑地の選好性である。園芸品種の植栽のような造園色の強い緑地から、サンクチュアリのような自然植生が残る緑地まで、都市においては様々な緑地が存在する。こうした緑地に対して、都市住民はどのような選好性をもち、それは彼らの自然認識とどう関係するのだろうか。一般的には、都市を彩る花木等の造園的な緑地(Manicured Greens)が好まれると思われるが、自然植生のような自然度の高い緑地も保全の対象となりうるのだろうか。本研究では、熱帯から温帯に位置する複数都市(東京、シンガポール、バンクーバー・トロント)を対象として、住民へアンケートを行い、自然認識と緑地の選好性との関係を解明する。各都市における共通性や差異とその要因を見出し、整理することにより、都市における生物多様性保全に向けた基礎的知見に資することを目的とする。なお、回答者の選定や緑地分布図の作成に際してGISを活用する予定である。
Effective urban biodiversity conservation enables the increase of conservation-targeted species through socially acceptable means. This ties urban biodiversity conservation closely with public perception and hence, acceptance of nature and landscape types within urban settings. Therefore, public perception of nature and landscape preference within urban landscapes could function as a predictive factor in determining the extent to which urban green spaces are made more ecological or natural. This research aims to find contextualized solutions for urban biodiversity conservation, taking into account both social preference and landscape ecological carrying capacity. The countries selected for analysis in this project are highly urbanized centres (Singapore, Tokyo ward area and Vancouver/ Toronto). In order to elucidate public perception of nature and landscape preference, randomly distributed questionnaires would be distributed to the general public in each of the case study sites. Within the Tokyo ward area, four wards were randomly selected (Nerima-ku, Nakano-ku, Sumida-ku and Katsushika-ku) and 500 randomly selected households within these four districts would be shortlisted to receive the research questionnaire. Holistic consideration of biological and social factors could therefore help to provide concrete suggestions on the feasibility and improvement of current urban biodiversity conservation methods. The results of this research are also directed to improving urban biodiversity conservation schemes especially in Asian cities, where current methods have been touted as a potentially ineffective copy-paste of successful movements from the West.
研究期間
Research Period
2013-12-20 - 2015-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

チュウ・ジョアン 東京大学 大学院新領域創成科学研究科
Joanne Knew Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
雨宮 護 筑波大学システム情報系
Amemiya Mamoru Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba
寺田 徹 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
Toru Terada Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)東京都 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Tokyo Metropolitan
国勢調査地図データ 統計地図/背景地図データベース(Shape形式)平成12年・17年 データセット
Statistical Map Database: GIS Data for the 2000 / 2005 Population Census and Background Data (Shapefile Format)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2013 非公開 / private