ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
津波襲来時の避難行動の可視化
Visualization of Evacuation Behavior During a Tsunami
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
543
研究代表者
PI
麦倉哲 / 岩手大学教育学部 岩手大学地域防災研究センター
Tetsu Mugikura / Iwate Unib\versity Faculty of Education Iwate University Research Center for Resional Desaster Management
事務担当者
Secretary
麦倉哲 / 岩手大学教育学部 岩手大学地域防災研究センター
Tetsu Mugikura / Iwate Unib\versity Faculty of Education Iwate University Research Center for Resional Desaster Management
受入CSIS教員
CSIS reception staff
瀬戸 寿一 / -
Toshikazu SETO / -
研究内容
Abstract
本研究は、東日本大震災において被災した住民を対象とし、地震発生から津波到達、最終避難地点までの行動調査を行い、その結果をアニメーションさせることで、避難行動における人々の関係性をさぐるものである。  2013年度は、大槌町吉里吉里地区を対象に、住民2500名のうち200名に地震発生から最大津波到達までの30分間を重点に、個別面接法によって聴き取り調査(自記式と他記式の併用)を行った。 これを元に、10分毎の地点をGISに書きおこし、リスク層に共通する行動パターンを抽出した。また、地域の自主防災計画の策定の際に、GISの機能を用いてアニメーションを作成したところ、リスク行動のパターンについての考察や今後の地域防災計画に向けての議論を活性化させることができた。しかし、手持ちの環境では数名分が限界であった。  そこで、全員分のアニメーションを作成するために、共同研究を申請するものである。本年度は吉里吉里地区に加えて、比較対象となる地域での行動調査を計画している。なお、住民らとGIS上で経路の重なりを確認するために一軒ごとの表札データが不可欠である。このためZmap TownⅡの利用もあわせて申請するものである。  復興の長期化と住民の高齢化により劇的に変化する被災地の環境の中で、どのようなリスクと可能性があるかを明らかにすることで、地域社会形成に貢献していきたいと考えている。
We conducted a survey on behavior during the period between the earthquake and tsunami of the Great Tohoku Earthquake and Tsunami, having participants mark the paths they and others traveled on a residential map. By transferring this data to a GIS and animating it, we can investigate the relationships between people during evacuation. We conducted the survey with disaster survivors in 2013 in Kirikiri, Otsuchi, Iwate. Out of 2500 residents, 200 people participated. We transferred each person’s location in 10 minute increments onto GIS, and separated the people into two groups: those who managed to evacuate and survive, and those who did not evacuate and died. We drew out behavior patterns shared between the victims, and used this information in drawing up regional self-managed disaster management plans. By using the functionality of GIS and creating animations out of the information of a few participants, abstract concepts were made concrete and helped move discussion along. We then decided to make animations for all 200 participants by enlisting the help of “Hito no Nagare Project.” This year, in addition to Kirikiri Otsuchi, we would like to compare the results with Kuji City, and perform a survey that extends past Otsuchi to neighboring Yamada and Kamaishi. In this environment which is rapidly changing due to an aging population and the recovery process, we would like to continue our research on what kind of risks exist and how to deal with those risks, as well as propose measures for future disaster management.
研究期間
Research Period
2014-06-03 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

川村 暁 岩手大学 情報基盤センター
Satoshi Kawamura Iwate University Super Computing and Information Sciences Center
麦倉哲 岩手大学教育学部 岩手大学地域防災研究センター
Tetsu Mugikura Iwate Unib\versity Faculty of Education Iwate University Research Center for Resional Desaster Management

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)岩手県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Iwate prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.