ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
160万人の長期GPS移動データに基づく 災害避難行動の分析とシミュレーションモデル構築に関する研究
Evacuation Behaviour Analysis and Simulation during The Great East Japan Earthquake and Fukushima Nuclear Accident
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
547
研究代表者
PI
宋軒 / 東京大学空間情報科学研究センター
Xuan Song / Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
宋軒 / 東京大学空間情報科学研究センター
Xuan Song / Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
東日本大震災と福島原発事故は、大規模な人の移動と避難を引き起こした。効果的な救援活動、災害マネジメントと長期的な社会の復興を計画的に行うために、これらの移動を把握し、予測することが重要である。本研究では、東日本大震災と福島原発事故によって発生した避難行動を分析およびシミュレーションするためのインテリジェントシステムを構築する。このシステムは2010年8月1日から2011年7月31日の間における、全国で160万人に及ぶ携帯電話のGPS記録を格納する。このオートGPSによる大規模なモバイルデータをマイニングすることによって、東日本大震災と福島原発事故で発生した短期的・長期的な避難行動を、全国から自動的に抽出および分析することができる。また、このシステムは抽出された避難行動を用いて、災害時における人の移動に対する理解を深め、シミュレーションをするための確率モデルを効果的に機械学習する。トレーニングモデルに基づいて、災害時に影響を受けた全国様々な都市における人口移動を自動的にシミュレーションおよび将来予測することができる。このようなシステムに基づき、日本の大地震・津波・放射能の後における人口移動のパターンや新しい特徴を見つけることが容易である。これは将来の災害救援や災害管理において重要な役割を果たすであろう。
The Great East Japan Earthquake and the Fukushima nuclear accident cause large human population movements and evacuations. Understanding and predicting these movements is critical for planning effective humanitarian relief, disaster management, and long-term societal reconstruction. In this research, we will try to develop a novel intelligent system called DBAPRS for analyzing and simulating of human evacuation behaviors during large-scale disasters in Japan. DBAPRS stores the global positioning system (GPS) records from mobile devices used by approximately 1.6 million people throughout Japan from 1 August 2010 to 31 July 2011. By mining this enormous set of Auto-GPS mobile sensor data, the short-term and long-term evacuation behaviors during the Great East Japan Earthquake and the Fukushima nuclear accident throughout the whole country are able to be automatically discovered and analyzed. Meanwhile, DBAPRS utilizes the discovered evacuations to effectively learn a probabilistic model to better understand and simulate human mobility during the disasters. Based on the training model, population mobility in various cities impacted by the disasters throughout Japan is able to be automatically simulated or predicted.
研究期間
Research Period
2014-07-08 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

宋軒 東京大学空間情報科学研究センター
Xuan Song Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【新規利用申請受付停止中】拡張版全国デジタル道路地図データベース 2013年版
Digital Road Map Database extended version 2013

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 A Simulator of Human Emergency Mobility following Disasters: Knowledge Transfer from Big Disaster Data

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2016 非公開 / private
2015 非公開 / private