ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
近接情報サービスによる広告・宣伝の効果に関する研究
Studies on effects of proximity-based service on advertizing and marketing
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
555
研究代表者
PI
藤原 明広 / 福井工業大学 環境情報学部 経営情報学科
Akihiro Fujihara / Department of Management and Information Sciences, Fukui University of Technology
事務担当者
Secretary
藤原 明広 / 福井工業大学 環境情報学部 経営情報学科
Akihiro Fujihara / Department of Management and Information Sciences, Fukui University of Technology
受入CSIS教員
CSIS reception staff
藤原 直哉 / -
Naoya FUJIWARA / -
研究内容
Abstract
背景:近年のスマートフォン普及に伴い,人と共に移動 する端末との近距離無線通信を利用して情報を配信する 近接情報サービスが提案された.例えば,Bluetooth Low Energyを利用したiBeaconによる広告・宣伝のための プラットフォームや,より長距離通信が可能なLTEを利用 したLTE Directが挙げられる. 目的:これらの宣伝・広告への効果を見積もるには, 人の移動・遭遇特性について理解する必要がある. そこで人流データベースを利用して,様々な都市 におけるiBeaconやLTE Directを利用したサービスを 数理モデル化し,その性能評価を行う. 明らかにすること:近接情報サービスに関わるスマート フォン数と宣伝・広告の伝搬や情報収集特性について 明らかにする.またBluetoothとLTEの違いとして通信 半径が挙げられるが,これらの違いが宣伝・広告効果 に与える影響についても検証する. 期待される効果:現時点では,近接情報サービスの 利用者は少数であり,その性能については未知な部分 が多い.本プロジェクトを通じて,具体的にその効果 を見積もることで,サービスが効果的な場合の判断 材料を与えることが可能となる.これにより,効果的 な導入が期待できる.
Background: As human-carried mobile devices comprised of smartphones were widespread in the past some years, Proximity-Based Service (PBS) has been proposed to utilize close-range wireless communications between smartphones. For example, iBeacon which utilize Bluetooth Low Energy for communication has been tried to be widely used in some platforms for advertizing and marketing media in iPhone by Apple. Qualcomm has also proposed a concept of LTE Direct as a PBS using LTE being capable of a longer wireless communicable range than that of Bluetooth. Purpose of the project: In order to estimate effects of PBS on advertizing and marketing, first of all, it is necessary to understand human mobility and encounter patterns. To do this, I use the people-flow database for creating mathematical models of PBS like iBeacon and LTE Direct in various cities and also for evaluating the performance of advertizing and marketing. Project goal: I'm going to make clear relationships between the number of smartphones using PBS and diffusion distance and time of the effect of advertizing and marketing. I also do research to examine differences of the impact of PBS using Bluetooth and LTE. Expected results and social impacts: Currently, users of PBS still remain a minority and the perfomance of PBS is mostly unknown. Through this project, it is possible to distinguish valuable situations of PBS from the other invaluable ones by evaluation the performance. By doing this, it is expected to introduce advertinzing and marketing using PBS in effective situations.
研究期間
Research Period
2014-08-24 - 2017-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

藤原 明広 福井工業大学 環境情報学部 経営情報学科
Akihiro Fujihara Department of Management and Information Sciences, Fukui University of Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

1988年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1988 Tokyo Metropolitan Area
1998年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1998 Tokyo Metropolitan Area
2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area
2000年京阪神都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2000 Kyoto/Osaka/Kobe Metropolitan Area
2001年中京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2001 Nagoya Metropolitan Area
1999年富山・高岡都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1999 Toyama/Takaoka Metropolitan Area
2007年金沢都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2007 Kanazawa Metropolitan Area
【空間配分版】1998年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1998 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
【空間配分版】2000年京阪神都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2000 Kyoto/Osaka/Kobe Metropolitan Area(Spatially reallocated)
【空間配分版】2001年中京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2001 Nagoya Metropolitan Area(Spatially reallocated)
【空間配分版】平成13年静岡中部都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2001 Central Shizuoka Metropolitan Area(Spatially reallocated)
2002年ジャカルタ 人の流れデータセット
People Flow 2002 Jakarta Metropolitan Area
2004年ハノイ 人の流れデータセット
People Flow 2004 Hanoi Metropolitan Area
2009年ダッカ 人の流れデータセット
People Flow 2009 Dhaka Metropolitan Area
【空間配分版】2011年中京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2011 Nagoya Metropolitan Area(Spatially Reallocated)
【空間配分版】2005年北部九州都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2005 Northern Kyushu Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
【空間配分版】 2004年岳南都市圏(富士市・富士宮市) 人の流れデータセット
People Flow 2004 Fuji-Fujinomiya Metropolitan Area(spatially reallocated)
Zmap TOWN II 1997/98年度(Shape版)福井県 データセット
Zmap TOWN II 1997/98 Shapefile Fukui prefecture
Zmap TOWN II 2003/04年度(Shape版)福井県 データセット
Zmap TOWN II 2003/04 Shapefile Fukui prefecture
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)福井県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Fukui prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 福井県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Fukui prefecture

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 擬似人流データを利用した感染型ルーチングにおける適正な通信距離の推定

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2014 非公開 / private
2015 非公開 / private