ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
法令及び条例の規制が長屋と共同住宅の供給に与える影響
The Effects of Land Use Regulation on the Rental Housing Market
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
564
研究代表者
PI
矢崎 之浩 / 政策研究大学院大学
Yukihiro Yazaki / National Graduate Institute for Policy Studies
事務担当者
Secretary
高田 班 / 政策研究大学院大学まちづくりプログラム
Takada Titoshi / GRIPS urban policy program
受入CSIS教員
CSIS reception staff
高橋 孝明 / -
Takaaki TAKAHASHI / -
研究内容
Abstract
法令及び条例上で周辺地域への外部性を抑えることを義務づけられている共同住宅に比べ、規制が緩い長屋は周辺地域への火災危険度を上げるため、外部不経済をおよぼしし続けていると考えられる。本研究では、使用用途が同じである共同住宅と長屋における外部性の大きさの差を公示地価等により、定量的に分析する。まず、GISと空間データ、建築確認申請の内容を用いることで、長屋が、用途地域や土地利用状況など(空地率、敷地面積、接道長さ、道路幅員等)、どのような土地環境の場合に建築されやすいのか、また、建築時の土地環境によって地価への影響に差があるのかを、長屋の形態、規模等も考慮し、共同住宅と比較することで明らかにする。
研究期間
Research Period
2014-11-13 - 2015-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

矢崎 之浩 政策研究大学院大学
Yukihiro Yazaki National Graduate Institute for Policy Studies
高田 班 政策研究大学院大学まちづくりプログラム
Takada Titoshi GRIPS urban policy program

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 長屋と共同住宅の規制の違いが地域環境に与える影響

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.