ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
クラウドセンシングにおけるカバレッジと質を考慮したノード選択手法の検討
A Node Selection Scheme Considering Coverage and Quality of Data for Crowd Sensing
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
568
研究代表者
PI
瀬崎 薫 / 東京大学空間情報科学研究センター
Sezaki Kaoru / CSIS at the University of Tokyo
事務担当者
Secretary
坂本 敬太 / 東京大学 生産技術研究所
Keita Sakamoto / Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
瀬崎 薫 / -
Kaoru SEZAKI / -
研究内容
Abstract
一般ユーザの持つスマートフォンに代表されるモバイルデバイスを用いてセンシングを行うクラウドセンシングは従来のセンサネットワークシステムと比較してセンサ設置等のコストを必要とせずに一般のユーザを社会インフラとして利用できるという大きな利点がある.しかし,クラウドセンシングでは収集されるデータの質やカバレッジが参加ユーザに依存してしまうという問題がある.そのため,利用価値の高いデータを収集を行うにはデータの質やカバレッジを考慮したノード選択を行う必要がある.本研究では,データの質・位置・収集コストのそれぞれがバラバラなデータ群に対して,総コスト一定の条件下でデータの質・カバレッジを総合的に評価した最適なノード選択を行う手法を提案し,既存手法との比較評価を行う.
研究期間
Research Period
2014-11-22 - 2015-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

瀬崎 薫 東京大学空間情報科学研究センター
Sezaki Kaoru CSIS at the University of Tokyo
坂本 敬太 東京大学 生産技術研究所
Keita Sakamoto Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
松野 有弥 東京大学 生産技術研究所
Yuya Matsuno Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 クラウドセンシングにおけるノード選択手法の実データによる評価

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.