ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
火山リスクマネジメントシステムのための空間情報の作成
Development of spatial information for volcano risk management
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
574
研究代表者
PI
藤田英輔 / 防災科学技術研究所 地震・火山防災研究ユニット
Eisuke FUJITA / National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Earthquake and Volcano Research Unit
事務担当者
Secretary
藤田英輔 / 防災科学技術研究所 地震・火山防災研究ユニット
Eisuke FUJITA / National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Earthquake and Volcano Research Unit
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
(独)防災科学技術研究所において「火山活動の観測・予測技術開発」で実施する噴火メカニズムの解明と噴火・災害予測シミュレーション技術開発に関するものである。火山災害は、火山活動により発生する種々の現象の影響が火山近隣へ影響を及ぼすことにより発生する。この火山災害を評価するためには、降灰・火砕流・溶岩流・泥流等による火山現象(ハザード)の変化と国内・国外の火山および周辺において、人口、不動産、交通、生産拠点等の地理情報としての暴露度・脆弱性(リスク)の変化を対象に時空間のデータモデルを規定し、時空間でデータを把握する必要がある。今回開発する火山リスクマネジメントシステムは下記から構成される。データモデルとして、リレーショナルモデルを採用し、データベース管理システムにRDBMS(Relational DataBase Management System)を用いる。火山ハザードシミュレータとして、溶岩流シミュレーションコードLavaSIMを採用し、火山ハザードのデータにLavaSIMの出力データ(以下、溶岩流シミュレーションデータという)を用いる。暴露度・脆弱性のデータとして、建物形状データを用いる。具体的に開発する機能としては、溶岩流シミュレーションデータと建物形状データのRDBMSを構築し、交差判定により、高速で火山災害評価を行う。
研究期間
Research Period
2014-12-10 - 2015-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

藤田英輔 防災科学技術研究所 地震・火山防災研究ユニット
Eisuke FUJITA National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Earthquake and Volcano Research Unit

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【空間配分版】平成13年静岡中部都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2001 Central Shizuoka Metropolitan Area(Spatially reallocated)
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)静岡県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Shizuoka prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.