ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
「多核連携型コンパクトシティ」における核間公共交通ネットワークの計画と実態に関する研究
A study on planning and the actual situation of public transportation network connecting centers at municipalities aiming to networked compact city
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
580
研究代表者
PI
原田昇 / 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Harata Noboru / School of Engineering, Department o Urban Engineering
事務担当者
Secretary
小澤 悠 / 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Ozawa Haruka / Department of Urban Engineering, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
人口減少や高齢化を背景に、多くの自治体で「多核連携型コンパクトシティ」が目指されているが、その実現のためには核間を結ぶ公共交通ネットワークが重要な役割を果たす。おりしも土地利用、交通計画双方で法律改正がなされ、これから新しい法律のもとで計画が作られていくが、制度の転換期における状況を明らかにすることは、今後の計画策定や計画評価に向けてきわめて重要なことである。 本研究では、一定の条件を満たす都市の都市マスタープランを収集し、コンパクトシティや核間公共交通ネットワークの位置づけを分析した上で、多核連携型コンパクトシティを目差している自治体について、その実態、すなわち核(拠点)間の公共交通のサービスレベルや拠点への機能立地のありようについて分析し、都市間比較を行う。 拠点への機能立地を分析するにあたり、拠点の機能のなかでも重要な商業機能について、大規模小売店舗の空間的分布や床面積等をはじめとする状況を分析することで拠点の実態を把握し、公共交通サービスレベルと組み合わせて分析することで、拠点の機能とポテンシャルをより詳細に明らかにする。
研究期間
Research Period
2015-01-01 - 2016-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

原田昇 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Harata Noboru School of Engineering, Department o Urban Engineering
高見淳史 東京大学大学院工学系研究科
Takami Kiyoshi School of Engineering, The University of Tokyo
小澤 悠 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Ozawa Haruka Department of Urban Engineering, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

座標付き電話帳DBテレポイント(P1A42_2014年2月)
Telepoint Pack DB February 2014
商業集積統計(2011年)(旧フォーマット(Ver.2011))
Commercial Accumulation Statistics (2011) (Old format (Ver.2011))
大型小売店ポイントデータ2014年版 (全国データ) データセット

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 都市計画マスタープランにみる多核連携型コンパクトシティの計画と現状に関する研究 -商業・医療機能の立地と核間公共交通に着目した都市間比較-

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.