ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
地上レーザ測量を用いた海岸域における砂岩ブロックの風化状況の定量把握
Terrestrial laser scanning for quantification of weathering depth of sandstone blocks in a coastal environment
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
585
研究代表者
PI
早川 裕弌 / 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa / Environmental Earth Science, Hokkaido University
事務担当者
Secretary
早川 裕弌 / 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa / Environmental Earth Science, Hokkaido University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
早川 裕弌 / -
Yuichi S. HAYAKAWA / -
研究内容
Abstract
海岸域における海水飛沫などに起因する風化は、セメントや自然岩石などで構成された建造物の劣化に大きく影響を及ぼすことがある。そうした建造物の正確な耐風化性の評価は、それらの保全や安全管理にももちろん、文化財保存の観点からも重要となってくる。本研究では、地上レーザ測量(TLS)により、風化した建造物の精細な3次元形状モデルを取得し、その解析から風化による凹み深さの空間分布とその体積評価を行う。対象地は宮崎県青島海岸の波食台に建設された橋の橋桁であり、それを構成する岩石ブロックは同地で産出した脆い砂岩である。先行研究による計測結果と、TLSによる計測結果とを比較し、風化によるブロック内の凹みの空間定量的な分析を行うとともに、これらの継続的な計測から時系列的な分析を行う。
研究期間
Research Period
2015-02-22 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

青木 久 東京学芸大学
Hisashi Aoki Tokyo Gakugei University
早川 裕弌 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa Environmental Earth Science, Hokkaido University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【利用不可】PAREA-LiDARデータセット(旧RAMS-e)
[Not available]PAREA-LiDAR (formerly RAMS-e)
青島海岸TLS・SfMデータセット
Aoshima coast TLS SfM dataset

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.