ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
地上レーザ測量およびSfM写真測量による森林内部の地形・植生形状計測手法の確立
Development of a methodology for topographic measurement in forests using terrestrial laser scanning and terrestrial SfM-MVS photogrammetry
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
586
研究代表者
PI
早川 裕弌 / 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa / Environmental Earth Science, Hokkaido University
事務担当者
Secretary
早川 裕弌 / 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa / Environmental Earth Science, Hokkaido University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
早川 裕弌 / -
Yuichi S. HAYAKAWA / -
研究内容
Abstract
近年の計測技術の進展にともない、地上レーザ測量やSfM(Structure from Motion)多視点写真測量といった計測手法が、地上における対象物の形状取得に適用され、高解像度の3次元データが比較的容易に取得できるようになってきた。その測量技術の適用可能性は、地形学や農学、森林科学の分野において広まりつつあるものの、いずれの分野においてもまだ充分に検証された段階には至っていないと考えられる。そこで本研究では、地上ベースに行う計測技術である地上レーザ測量および地上SfM写真測量を、森林内の樹木や地形を対象に実施し、それらの効率的な計測手法から解析手法までの一連のプロトコルを確立することを目的とする。具体的には、その試験的な計測と解析を林地で実施し、森林内における樹木の位置や形状の計測、バイオマスの推定、あるいはその基盤となる地表面形状の取得解析を行う。対象地域は容易にアクセス可能でかつ計測許可の取れる林地およびその周辺域とし、複数の機材を用いて現地計測を実施した上で、取得された3次元点群データの解析、および点群から変換されるポリゴンデータやラスタデータの解析を進める。これにより、地表面および樹木等の高精細な形状データの取得と、その解析手法が確立され、高精細3次元形状データのフィールドサイエンスにおける利活用が進み、当該分野においてより一層普及することが期待される。
研究期間
Research Period
2015-02-22 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

加藤 顕 千葉大学
Akira Kato Chiba University
小花和 宏之 株式会社ビジョンテック
Hiroyuki Obanawa VisionTech Inc.
早川 裕弌 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa Environmental Earth Science, Hokkaido University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【利用不可】PAREA-LiDARデータセット(旧RAMS-e)
[Not available]PAREA-LiDAR (formerly RAMS-e)
山武林地TLSデータセット
TLS dataset of forest in Sanmu

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.